(公財)横浜市男女共同参画推進協会

4/20~まん延防止等重点措置終了日まで20時閉館施設内での勧誘等に対する注意喚起

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

運営団体について

男女共同参画センター横浜北アートフォーラムあざみ野

交通アクセス お問合せ

文字サイズ

標準

背景色

標準

講座・イベントをさがす
しごと パソコン 心とからだの健康 くらし・自己表現 子ども・子育て 女性への暴力 協働事業 その他

男女共同参画センター横浜北アートフォーラムあざみ野

【受付中】清田隆之さんトークイベント参加者&エピソード大募集!

よかれと思ってやったのに~リモート時代の俺たちの子育て

講師 清田隆之さんお写真

男女共同参画週間(6/23~6/29)にあわせ、子育て中の夫婦のすれ違いはなぜ起こるのかをテーマにしたトークイベントを開催します。

コロナ禍でのリモートワークなど、働き方の変化は男性の家事・育児の役割分担にも大きな影響を与えているようです。

そんな中、折り合いをつけながら子育てしようとがんばっているのに、なぜか妻の反応はいまいち…。

そんな夫婦間・パートナー間のすれ違いはなぜ起こるのか? をテーマに、女性には「あるある! 」、男性には「マジか?」の子育ての残念なエピソード等
も交えながら、双子育児に奮闘中の清田隆之さんが、笑いあり、涙ありのトークを披露します。

 

清田隆之(KIYOTA TAKAYUKI)
(文筆家、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表)

1980年東京都生まれ。文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。早稲田大学第一文学部卒業。これまで1200人以上の恋バナを聞き集め、「恋愛とジェンダー」をテーマにコラムやラジオなどで発信。『共同通信』『QJWeb』『日経doors』『すばる』『現代思想』など幅広いメディアに寄稿。朝日新聞beの人生相談「悩みのるつぼ」では回答者を務める。桃山商事としての著書に『生き抜くための恋愛相談』『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』『どうして男は恋人より男友達を優先しがちなのか』(ともにイースト・プレス)、単著に『よかれと思ってやったのに──男たちの「失敗学」入門』(晶文社)『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)がある。女子美術大学非常勤講師。2019年の秋に双子の親となり、在宅ワークをしながら育児に奮闘中。

Twitter→@momoyama_radio

=================================================

日ごろの家事・育児の中で、あなたがパートナーに感じた
「イラっ」「モヤっ」のエピソードを募集しています。

イベントにあたり、あなたの「イラっ」「モヤっ」エピソードや、なかなか言えない、パートナーへの「こうして欲しい」を書いてみませんか。
朝日新聞beの人生相談「悩みのるつぼ」で回答者も務める、講師の清田隆之さんへの質問も大歓迎!
※エピソード、清田さんへの質問などお寄せいただいたものは、トーク内で取り上げる可能性があります。
ご了承ください。

googleフォームから回答してください。


よかれと思ってやったのに~リモート時代の俺たちの子育て

<日 時> 2021年6月26日(土)
     13時30分~15時30分(開場:13時10分)

<会 場> アートフォーラムあざみ野 2階 セミナールーム

<定 員> 60人 (新型コロナウィルス感染症拡大防止対策として間隔をあけて座っていただけるよう定員数を調整させていただいています)

<参加費> 1,200円 (当日支払)

<申 込>  5月11日(火) 9時から 電話・来館・HPにて先着順

<お問合せ> 045-910-5700

 

* HPのWEBフォームによるお申込みフォーム

詳細は右添付ファイルをご覧ください。 チラシ_よかれと思ってやったのに.pdf

=================================================

※ご来場の際は必ずマスクの着用をお願いします。

※新型コロナウィルス感染症の拡大状況や、荒天・天災等によって本イベントは中止・延期する場合があります。

=================================================