(公財)横浜市男女共同参画推進協会

センター3館の感染症拡大防止対策施設内での勧誘等に対する注意喚起

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

運営団体について

男女共同参画センター横浜フォーラム

交通アクセス お問合せ

文字サイズ

標準

背景色

標準

講座・イベントをさがす
しごと パソコン 心とからだの健康 くらし・自己表現 子ども・子育て 女性への暴力 協働事業 その他

男女共同参画センター横浜フォーラム

講座・イベント詳細

満席

パープルリボン啓発サロン~紙を綴じる・心を綴る 自分のための”my notebook”手製本ワークショップ~

 

センター主催事業にご参加の皆さまへのお願い(感染症対応)

 

11月12日~25日は、「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。

シンボルであるパープルリボンは、女性に対するあらゆる暴力をなくしていこうというメッセージが込められています。

女性の生きづらさや女性に対する様々な暴力(DV・性暴力・セクハラ・リベンジポルノ など)・・・

女性を取り巻く様々な悩みや課題は身近にあり、課題解決には一人ひとりが関心を持ち、考えていくことが必要です。

 

女性に対する暴力をなくす運動のシンボルであるパープルリボンをモチーフにしたオリジナルノートを手製本で制作するワークショップ。自分の気持ちを綴ったり、大切な言葉を書き留めたりできる自分のためのノートを制作します。

ワークショップを通して、身近な人や自分自身を大切にすることを考えてみませんか。

 

オリジナルノートには作家の安達茉莉子さんより、ワークショップのために描き下ろしたイラスト&メッセージを寄せていただいてます!

 

(公財)横浜市男女共同参画推進協会では、横浜市の女性たちを勇気づける「言葉のお守りキャンペーン」を実施しています。

本講座は、「言葉のお守りキャンペーン」とタイアップした企画です。

手製本ワークショップ講師:笠井瑠美子

1980年生、横浜市南区育ち。武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後、東京印書館に入社。その後、加藤製本を経て、現在は松岳社青木製本所に勤務。個人活動として“十七時退勤社”という出版レーベルを立ち上げ、一年に一冊「日日是製本」を発行している。

 

イラスト&メッセージ:安達茉莉子

作家。大分県日田市出身。東京外国語大学英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。政府機関での勤務、限界集落での生活、英国大学院留学など様々な組織や場所での経験を経て、言葉と絵による作品発表を続けている。著書に「消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ」(ビーナイス)、「何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ」(MARIOBOOKS)ほか。書籍の仕事に「私たちにはことばが必要だ: フェミニストは黙らない」(タバブックス)装画ほか。

  • 講師

    笠井瑠美子(手製本ワークショップ講師)  
  • 開催日時

    • 2021年11月13日(土) 13:30 ~ 16:00

  • 対象・定員

    一般15人
  • 会場

    フォーラム

    生活工房

  • 参加費

    有料

    1,600円(材料費込み)

  • 通常保育

    あり

    1歳6ヵ月~未就学の子どもが対象です。有料、4日前までに要予約、先着順。

  • 乳児保育

    なし

  • 保育の申込先

    フォーラム子どもの部屋:045-862-4750(9:00~16:30 木曜・日曜・祝日、年末年始およびゴールデンウィークと夏季休暇期間を除く)

    保育のご利用について、詳細は子どもの部屋のページをご覧ください

  • 受付形式

    先着順
  • 受付開始

    2021年10月15日(金) 9:00
  • 申込方法

    電話、 インターネット
  • 電話による申込み

    フォーラム: 045-862-5052

  • インターネットによる申込み

    フォーラム

会場情報

JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分

男女共同参画センター横浜フォーラム

横浜市戸塚区上倉田町435-1

おすすめの講座・イベント

一覧ページに戻る