(公財)横浜市男女共同参画推進協会

センター3館の感染症拡大防止対策施設内での勧誘等に対する注意喚起

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

運営団体について

男女共同参画センター横浜フォーラム

交通アクセス お問合せ

文字サイズ

標準

背景色

標準

講座・イベントをさがす
しごと パソコン 心とからだの健康 くらし・自己表現 子ども・子育て 女性への暴力 協働事業 その他

男女共同参画センター横浜フォーラム

11/12~25は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です

「女性に対する暴力をなくす運動」  令和3年度ポスター

 

内閣府の調査によると、女性4の人に1人がDV(配偶者等からの暴力被害)にあっています。

そして、被害を受けた女性のうち約5人に1人が、その暴力によって「命の危険を感じたことがある」と答えています。

暴力は、その対象の性別や加害者・被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありません。

特に、配偶者等からの暴力、性犯罪・性暴力、ストーカー行為、売買春、人身取引、セクシュアルハラスメント等女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。

また、女性に対する暴力の根底には、女性の人権の軽視があることから、女性の人権の尊重のための意識啓発や教育の充実を図っていくことも重要です。

パープルリボン

暴力や虐待の被害者にとって、より安全な世界をつくることを目的として、1994年、アメリカ・ニューハンプシャー州のベルリンという小さな町で、近親姦やレイプのサバイバーによって生まれたものです。
女性に対する暴力を許さない社会を目指す草の根運動として世界に広まっており、パープルは女性に対する暴力をなくす運動のシンボルカラーとなっています。

■パープル・ライトアップ

運動期間中(11月12日~11月25日)は、女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなみ、主要な建物やタワーを紫色にライトアップするパープル・ライトアップが日本全国で行われます。これは、女性に対するあらゆる暴力の根絶を広く呼びかけるとともに、被害者に対して、「ひとりで悩まず、まずは相談をしてください。」というメッセージが込められています。

横浜市内では、男女共同参画センター横浜北や、開港記念会館、よこはまコスモワールド 大観覧車コスモクロック21がパープルにライトアップされます。

詳細について(横浜市 女性に対する暴力の根絶)

配偶者からの暴力被害者支援に関するサイト(内閣府)

2021「女性に対する暴力をなくす運動」期間のセンター2館での催しや取り組みなど

男女共同参画センター横浜

■11月13日(土) 13:30 ~ 16:00 「パープルリボン啓発サロン~紙を綴じる・心を綴る 自分のための”my notebook”手製本ワークショップ~」(キャンセル待ち受付中)

男女共同参画センター横浜北

■11月12日(金)~11月25日(木)

パープルライトアップと参加型「メッセージの樹」ボードの設置

その他にも、2館で関連図書展示、パープルリボングッズの配布も実施します。


一人で悩まず、ご相談ください