(公財)横浜市男女共同参画推進協会

8/2~緊急事態宣言の解除日まで20時閉館施設内での勧誘等に対する注意喚起

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

文字サイズ

標準

背景色

標準

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

一人暮らし女性の住まいのヒアリング調査にご協力いただける方を募集します!→募集は終了しました

1 調査の趣旨

「一人暮らしの私が安心して暮らせる住まいがなかなか見つからない」、「今の家に住み続けられるか心配」、「家賃が高いのに賃金は上がらない」……など、住まいの悩みはありませんか?

日本では家族世帯向けの住宅支援は手厚い一方、単身者に対するものは無く、また、女性は男性に比べ、セキュリティ面から住まいの立地や防犯面なども考慮することにより、家賃の負担率が高くなってしまう傾向にあります。

このような背景をふまえ、(公財)横浜市男女共同参画推進協会では、横浜市内に住む一人暮らしの女性が住まいについて直面している課題を明らかにし、今後の支援策の充実等につなげるため、ヒアリング調査を行うことにしました。つきましては、ご協力いただける方を募集します。みなさんの声をお聞かせください。

 

2 調査にご協力いただきたい方

横浜市内に住む18歳以上59歳以下の独身者で、一人暮らしをしている女性(就学者を除く)

 

3 募集期間

2021年8月18日~2021年9月1日まで ※募集は現在、終了しました

 

4 調査の概要

(1)調査期間(ヒアリング期間): 2021年9月~11月

(2)調査方法: 個別ヒアリング

(3)所要時間: 1時間~1時間30分程度

(4)日時・場所: 日時のご希望に添えるよう、出来るだけ調整いたします。場所は基本的に、横浜市男女共同参画センター3館(戸塚、南太田、あざみ野)で行います。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オンラインでの実施も可能です。

(5)ヒアリング内容:

①現在住んでいる住宅について(家賃、広さ・間取り、その住宅を選んだ理由)

②一人暮らしをはじめてから現在までの住まいについて(例:賃貸アパート→シェアハウス→市営住宅 等)

③住宅や暮らし方についての希望、不満や悩み  等

(6)謝礼: お一人 3,000円(交通費込)※3,341円から10.21%源泉徴収してお支払いします。

(7)プライバシーへの配慮: お聞きした内容については、個人が特定されない形にまとめ、調査報告書等に記載します。

5 申込方法

以下の申込フォームからお申し込みください。

先着順ではございません。お申込みいただいた方が多数の場合、年齢、居住区等が均等になるよう、こちらでご依頼する方を調整させていただきます。ご了承ください。お申込みいただいたすべての方に、結果を9月6日(月)までにご連絡いたします。その際に調査の詳しいご説明をさせていただきますので、改めて協力の可否について、ご判断ください。

申込フォーム

 

■応募・問い合わせ先

公益財団法人 横浜市男女共同参画推進協会

事業企画課

金(きむ)、植野(うえの)

電話:045-862-5141(月~金 9:00~17:30、8/26を除く)

メール:kikaku@women.city.yokohama.jp