(公財)横浜市男女共同参画推進協会

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

文字サイズ

標準

背景色

標準

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

(公財)横浜市男女共同参画推進協会 設立30周年記念ページ

30周年記念ロゴ(公財)横浜市男女共同参画推進協会は、2017年10月、設立30周年を迎えました。 皆さまのあたたかなご支援に感謝をこめ、記念式典&イベントを開催し、これまでの歩みのふりかえりと未来への展望をまとめた、記念誌を発行しました。

フォトアルバム

設立30周年フォトアルバム 設立30周年フォトアルバム

(公財)横浜市男女共同参画推進協会 設立30周年 フォトアルバム

記念誌

30周年記念誌 30周年記念誌 30周年記念誌

B5版32ページ

公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会 設立30周年記念誌 未来へのタネをまく(PDF形式:約7MB)
時代の変化と当協会のこれまでの歩みをふりかえると同時に、未来への展望をまとめた記念冊子を作成しました。
発行部数:700部

設立30周年を迎えて

理事長写真(公財)横浜市男女共同参画推進協会は10月1日に設立30周年を迎えました。これもひとえに皆さま方のご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。 当協会はこれからも、すべての人の尊厳・人権が尊重され、だれもがその人らしく、生き生きと暮らせる社会づくりに貢献してまいります。 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

(公財)横浜市男女共同参画推進協会 理事長 川名薫

記念式典&イベント※終了しました

男女共同参画の未来図 2025 ~ワタシが変える、地域が変わる

団塊世代が後期高齢者となる2025年、超少子高齢社会の加速、人口構造のアンバランスなど、大きな変化が予測されています。 だれも経験したことのない変化のなかで、安心して生きていくために、暮らし方、働き方、地域や家族とのつながり方を見直して、男女共同参画社会の近未来をともに描いてみませんか。
日時
2017年11月12日(日) 13:30~15:30(開場12:30~)
  • 13:30~記念式典(主催者挨拶、来賓祝辞)
  • 14:00~イベント(キーノートスピーチ、パネルディスカッション)
キーノートスピーチとして「2025年問題」の概況をお話しします。続いて、わたしたちは、どんな地域、社会を作っていきたいのか、男女共同参画の視点からの取り組みについて、パネリストとともに考えます。
登壇者
江原由美子 横浜国立大学教授 稲垣えみ子 元新聞記者 小栗ショウコ 認定NPO法人あっとほーむ代表 小幡浩之 イケア港北店 人事部長
江原由美子 横浜国立大学教授 キーノートスピーカー /モデレーター 江原由美子 (横浜国立大学教授) 稲垣えみ子 元新聞記者 パネリスト 稲垣えみ子 (元新聞記者) 小栗ショウコ 認定NPO法人あっとほーむ代表 パネリスト 小栗ショウコ (認定NPO法人あっとほーむ代表) 小幡浩之 イケア港北店 人事部長 パネリスト 小幡浩之 (イケア港北店 人事部長)
  • 後援 

    横浜市

  • 参加費

    無料

  • 定員 

    200名

  • 会場 

    横浜情報文化センター/6階 ホール

30周年記念ロゴ・キャッチコピーにこめた思い

30周年記念 ロゴ

ロゴ
  • 3はW(Woman)とM(Man)を模した形です。女性と男性が対等な立場で、社会のあらゆる分野にともに参画していく「男女共同参画」の理念を表現しています 。
  • 0を彩る3色は、ピンクはフォーラム、水色はフォーラム南太田、オレンジはアートフォーラムあざみ野を表す色です。また、0の中には大小さまざまな丸があり、グラデーションがかかっています。これはセンターご利用者の多様性を表現しています。私たちは今後も、性、人種、国籍、年齢、障がいの有無、宗教、価値観等にとらわれず、すべての人の尊厳・人権が尊重され、幸福に生きられる社会づくりに貢献してまいります。

30周年記念 キャッチコピー

キャッチコピーは「生き方、自由自在。」これは1988年、私たちが「横浜女性フォーラム」としてスタートを切ったときのキャッチコピーです。 30年の歩み、皆さまからいただいたご支援の重み、今もなお、あらゆる生き方が肯定されるためにさまざまな社会変革が望まれていること・・・これらの想いをこめて、再びこのキャッチコピーを掲げます。