(公財)横浜市男女共同参画推進協会

センター3館の感染症拡大防止対策施設内での勧誘等に対する注意喚起

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

運営団体について

男女共同参画センター横浜北アートフォーラムあざみ野

交通アクセス お問合せ

文字サイズ

標準

背景色

標準

講座・イベントをさがす
しごと パソコン 心とからだの健康 くらし・自己表現 子ども・子育て 女性への暴力 協働事業 その他

男女共同参画センター横浜北アートフォーラムあざみ野

講座・イベント詳細

予約不要

東日本大震災を経験した女性たちのフォトボイス展  ~国際女性デー記念事業

ミニギャラリー・3月6日(日)~18日(金) 入場無料

 

国際女性デー(3月8日)に併せ、NPO法人フォトボイス・プロジェクトによる

東日本大震災で被災した女性たちの「写真」と「声」を展示します。

震災直後からこれまでの想いや経験の蓄積であるフォトボイスの展示により、                震災の風化を防ぐとともに、横浜に暮らす私たちが女性の力を地域の                    安心づくりにいかす取組みの重要性を広げることを目的としています。

 

NPO法人フォトボイス・プロジェクト

2011年3月11日の東日本大震災後の6月より、被災3県、東京と7か所のグループで写真を通じて語り合う活動を支援し、展示会や写真集の刊行など幅広く社会に発信。被災した女性たちが、地域社会の一員、個人、女性など多様な視点で、地震、津波、原発・放射能被災など、震災に関わりのある写真を撮影し、社会に伝えるメッセージ(声)をつくっています。

 

期間:2022年3月6日(日)~18日(金)

場所:アートフォーラムあざみ野 1階 ミニギャラリー

入場無料

 

【国際女性デー】

ニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、1975年、国連が女性の社会参加と地位向上を訴える日として制定しました。

【フォトボイス(PhotoVoice)】

1990年代初めにアメリカで開発された手法です。                             社会的発信力が弱い立場の人々が自ら心情や社会の課題などを撮影し、                   撮影者の「声」としてメッセージを創り、                                「写真」と「声」を一体化したものとして社会に届けます。                        多様な声の発信、記録、課題解決のために有効な手法として海外で広く実践されています。          東日本大震災の女性支援においても応用されています。

 

 

 

 

 

 

 

  • 開催日時

    • 2022年03月06日(日) ~

      最終日3月18日(金)まで

  • 対象・定員

    一般市民
  • 会場

    アートフォーラムあざみ野

    交流ラウンジ・ミニギャラリー

  • 参加費

    無料

  • 通常保育

    なし

  • 乳児保育

    なし

  • 受付形式

    予約不要

会場情報

横浜市営地下鉄・東急田園都市線 あざみ野駅下車 徒歩5分

男女共同参画センター横浜北アートフォーラムあざみ野

横浜市青葉区あざみ野南1-17-3

おすすめの講座・イベント

一覧ページに戻る