(公財)横浜市男女共同参画推進協会

センター3館の感染症拡大防止対策施設内での勧誘等に対する注意喚起

(公財)横浜市男女共同参画推進協会

運営団体について

男女共同参画センター横浜北アートフォーラムあざみ野

交通アクセス お問合せ

文字サイズ

標準

背景色

標準

講座・イベントをさがす
しごと パソコン 心とからだの健康 くらし・自己表現 子ども・子育て 女性への暴力 協働事業 その他

男女共同参画センター横浜北アートフォーラムあざみ野

講座・イベント詳細

受付中

ギャラリートーク 写真に見る性暴力サバイバーの世界

【公募型男女共同参画事業】

センター主催事業にご参加の皆さまへのお願い(感染症対応)

性暴力サバイバー自身が思いを写真に写してビジュアル化するプロジェクト。

公に#Me Tooと言わない・言えない人が安全に表現できる場として月1回ワークショップを行い、ギャラリートークも開催します。

講師は、2019年にプロジェクト「STAND Still」を立ち上げたフォトジャーナリスト大藪順子(おおやぶ のぶこ)氏。アメリカでも大きな反響を呼んだ写真プロジェクト「STAND:性暴力サバイバー達」の作者です。6月から11月の間「性暴力サバイバービジュアルボイス Photoプロジェクト」に参加した受講者は、自身もサバイバーである大藪氏から「思いを写す」ことを学んできました。

その集大成として、「ギャラリートーク 写真に見る性暴力サバイバーの世界」を開催します。

掲載写真:「なんでやねん」Photo by α ⓒ2021 STAND Still All Rights Reserved

 

【同時開催】

「性暴力サバイバー ビジュアルボイス写真展」(無料/申込不要)

12月5日(日)~12月18日(土)最終日は16:00まで

アートフォーラムあざみ野 1階交流ラウンジ ミニギャラリーにて開催!

 

 

【STAND Still からのメッセージ】

プロジェクトSTAND Still-性暴力サバイバービジュアルボイス。

世界的なムーブメント#Me Too は、多くの性暴力被害者に希望を与えました。それでも公に#Me Too と言えない被害者達は数えきれないほど存在します。そんな人達が安全に自由に表現できる場作りとして、フォトジャーナリスト大藪順子が「STAND:性暴力サバイバー達」の第二弾として、2019年「STAND Still」をはじめました。このプロジェクトでは、大藪氏が撮るのではなく、サバイバー自身が思いを写し、被害者の世界を内側から可視化します。写真展を通して、サバイバーの目線から世界を垣間見る体験を多くの人にしてもらい、性暴力の影響や暴力防止と被害者サポートについて、一人ひとりに何ができるのかを考えていただけたら幸いです。

 

  • 講師

    大藪順子(フォトジャーナリスト)
  • 開催日時

    • 2021年12月11日(土) 13:30 ~ 16:00

      開場:13時15分から

  • 対象・定員

    60人
  • 会場

    アートフォーラムあざみ野

    2階セミナールーム

  • 参加費

    有料

    1,000円(学生500円)

  • 通常保育

    あり

    1歳6ヵ月~未就学の子どもが対象です。有料、4日前までに要予約、先着順。

  • 乳児保育

    なし

  • 保育の申込先

    アートフォーラムあざみ野子どもの部屋: 045-910-5724 (9:00~17:00)

    保育のご利用について、詳細は子どもの部屋のページをご覧ください

  • 共催

  • 受付形式

    先着順
  • 受付開始

    2021年11月01日(月) 9:00
  • 申込方法

    インターネット
  • インターネットによる申込み

会場情報

横浜市営地下鉄・東急田園都市線 あざみ野駅下車 徒歩5分

男女共同参画センター横浜北アートフォーラムあざみ野

横浜市青葉区あざみ野南1-17-3

おすすめの講座・イベント

一覧ページに戻る