女性の仕事・起業・心とからだの健康支援・DV相談・セクハラなど性差別の申出・パソコン講座、子育て支援等の事業、施設貸出を行っている横浜市の男女共同参画センターです。

がんを経験した女性のための「和食薬膳料理の会」を開催しました。



防災


女性への暴力

講師&スタッフのおすすめ本

性暴力被害者の医療的支援
性暴力被害者の医療的支援
性暴力救援センター・大阪SACHICO 編 / 信山社 / 2018年 / C13セ

全国に設置されている性暴力被害者のための支援センターのうち、「病院拠点型」のワンストップ支援センターはいまだ7か所しかないそうです。日本で初めてのワンストップセンターである性暴力救援センター・大阪SACHICOでの活動を踏まえ、全国各地どこででもすべての被害者が一定水準を満たす医療的支援を受けられるように作...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
性暴力被害者の法的支援
性暴力被害者の法的支援
性暴力救援センター・大阪SACHICO 編 / 信山社 / 2017年 / C13セ

日本で初めての性暴力被害者支援ワンストップセンターである性暴力救援センター・大阪SACHICOは、2010年4月、大阪の民間病院である阪南中央病院内に開設されました。本書は、そこでの活動を踏まえ、全国各地どこででもすべての被害者が一定水準を満たす支援を受けられるように作成された支援の手引書です。支援者だけで...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
生きづらい世を生き抜く作法
生きづらい世を生き抜く作法
雨宮処凛 著 / あけび書房 / 2016年 / B11イ

生きづらさを抱えている時、「何かを成し遂げなくていい。成長しなくていい。そんなふうに自分への期待感を極限まで下げてみると、これまでと少し、違う風景が見えてくる」と著者は言います。生きていくうえでの違和感ややるせなさ、苦しさに寄り添った温かで力強いメッセージ集です。  ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
あごら
あごら 雑誌でつないだフェミニズム 第1巻
斎藤千代の呼びかけと主張 1
あごら九州 編 / 石風社 / 2016年 / A23ア

雑誌「あごら」を主宰する斎藤千代さんは、フェミニズムの意義を様々な角度から考察し、女性の価値と性の平等、平和の尊さを、語りつづけました。第1巻は創刊号(1972年)から158号を収録。1970年代以降の政治・経済・社会に対する女性の視点からの歴史的証言は、今を生きる女性たちへ真実を伝えてくれます。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
女子力で読み解く基地神話
女子力で読み解く基地神話
在京メディアが伝えない沖縄問題の深層
三上智恵、島洋子 著 / かもがわ出版 / 2016年 / A2529ジ

もう許せない。もう我慢できない。伝えなきゃ。守らなきゃ。家族を抱え、子を抱えて髪を振り乱して走ってきた日々が、この対談にはぎっしり詰まっています。二人の女性ジャーナリストが、沖縄と本土の複眼で、「沖縄基地神話」を解明し、基地問題の真実を語り尽くす、目からウロコの痛快対談です。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
いのちのエール 
いのちのエール
初女(はつめ)おかあさんから娘たちへ
田口ランディ 著 / 中央公論新社 / 2015年 / B11イ

青森県岩木山の麓に佐藤初女さんの主宰する、憩いと安らぎの家「森のイスキア」があります。家族に悩んできた著者は、初女さんと出会い「ああ、人として大切にしてもらったなあ」という体験に触れ、自分が乗り越えるべきことから成長できたと言います。15年の交流を経て、初女さんの「教え」を、 すべての女性に届けるため、「心...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ひきこもる女性たち
ひきこもる女性たち
池上正樹 著 / KKベストセラーズ / 2016年 / A311ヒ

「ひきこもり」という現象は、男性の身だけに起きる問題ではありません。摂食障害やリストカット、性被害などさまざまな背景で「社会に出られず生きづらさを抱えている」潜在する女性のひきこもり。今まで可視化されなかった、ひきこもる女性たちの実態に迫ります。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
教養としてのジェンダーと平和
教養としてのジェンダーと平和
風間孝・加治宏基・金敬黙 編著 / 法律文化社 / 2016年 / A22キ

わたしの正義は、あなたの正義とは異なります。誰もが自身の正義に根差した良き世界を目指すからこそ、互いの正義を重ねる努力を怠ったとたんに摩擦が生じてしまうと編著者は言います。シングルマザー、同性愛者、性暴力被害者など、社会で懸命に生きる人々が直面する問題を取り上げ、ジェンダー論と平和論の異なる学問領域から問題...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
女たちの情熱政治
女たちの情熱政治
女性参政権獲得から70年の荒野に立つ
東京新聞・北陸中日新聞取材班 編 / 明石書店   / 2016年 / A32オ

働くため「待機児童の解決策を」。議会に「女性議員の参画を」。路上で、議会で、SNSで、女性たちは声を上げ始めました。本書は、東京新聞・北陸中日新聞の両紙が「女性の政治参加」について世に問うてきた連載を収録し、加筆しています。何が女性の政治参加を阻むのか?機能していない民主主義へ一石を投じています。女性にも男...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
愛を言い訳にする人たち 
愛を言い訳にする人たち
DV加害男性700人の告白
山口のり子 著 / 梨の木舎 / 2016年 / C14ア

著者は、女男(ジョダン)平等の社会を目指して40年、近年はDV加害者向け教育プログラムの普及活動に携わっています。本書はDV加害者の告白から「加害者ってどんな人?」「なぜDVをするのか」など加害者の心理を浮き彫りにしています。被害に気づかない被害者を救うための加害者情報の提供と、被害者支援のためのDV加害者...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
われらが胸の底
われらが胸の底
澤地久枝 ・落合恵子 著 / かもがわ出版 / 2016年 / A35ワ

作家・落合恵子さんと、落合さんが自立のモデルにされてきたノンフィクション作家の澤地久枝さんが、戦中・戦後をどのように社会と時代に向き合ってきたか、本気で語り合った対談集です。沈黙に耐えてきた感情―怒り・嘆き・痛み・憤りを、ふたりの人生遍歴を交えながら、語り合います。これからの日本の成熟を祈るような本です。人...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
アクティブラーニングで学ぶジェンダー 
アクティブラーニングで学ぶジェンダー
現代を生きるための12の実践
青野篤子 編著    / ミネルヴァ書房 / 2016年 / A22ア

身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。男女平等の途上にある日本は、ジェンダーに関する問題が山積みです。本書は、おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デザイン、家事、結婚…様々なトピックスに触れ、ジェンダーの全体像を理解することが出来ます。ジェンダーを詳しく学びたい方や、...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
なぜ妻は突然、離婚を切り出すのか
なぜ妻は突然、離婚を切り出すのか 
打越さく良 著 / 祥伝社 / 2016年 / B17ナ

モラハラ離婚は、夫と妻との間に、認識に大きなギャップがあると弁護士である著者は言います。本書は、どんなことが妻を傷つけることになるのか?妻の不調サインとは?妻を傷つけないようにするにはどうしたらいいのか?など夫婦の認識の違いを焙り出しています。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
佐々木靜子からあなたへ
佐々木靜子からあなたへ
女のからだと医療・性暴力・人権
佐々木靜子 著 『佐々木靜子からあなたへ』編集委員会 編 / 教育史料出版会 / 2015年 / C22サ

女性医療と性暴力の問題に、生涯をかけて取り組み、2011年人権擁護に尽くした個人や団体に贈られる「多田謡子反権力人権賞」を受賞した佐々木靜子さんは、産婦人科医師の73年の人生をどう生きぬき、何をめざしたのか。母や妹の自殺を乗り越え、″女のからだと医療を考える″ことを自らの使命とし活躍された半生を紹介した一冊...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ギャンブル依存症サバイバル
ギャンブル依存症サバイバル
パチンコ・スロット・競馬・競輪におぼれる人を救済するため、患者・家族・医療者に贈る指南書
熊木徹夫・ギャンブル依存症研究所 編著 / 中外医学社 / 2015年 / C325ギ

ギャンブルを続けるためにウソをつき借金を重ねることも厭わない「ギャンブル依存症」。今や心の病気、精神疾患だという認識が広まっています。ギャンブル依存症は本人にとどまらず、家族をも巻き込みます。本書はギャンブル依存症の実態に迫り、ギャンブル依存症克服のための具体的な治療・対処法のほか、当事者の声、治療のカギと...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
一番よくわかる離婚の準備・手続き・生活設計 カラー版
一番よくわかる離婚の準備・手続き・生活設計
森公任・森元みのり 監修 / 西東社 / 2015年 / A112イ

全体の年齢を通して、離婚率が1990年ごろから急増しています。離婚は、感情的な対立もある中で、多くの課題をひとつひとつ解決していかなければならない人生の大きな転機です。本書は、離婚の流れ、離婚に悩んだときの選択肢と手順、離婚の疑問「手続き編・お金編・子ども編・戸籍編・離婚後編」について図解&イラストでわかり...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ジェンダー・ハラスメントに関する心理学的研究
ジェンダー・ハラスメントに関する心理学的研究
就業女性に期待する「女性らしさ」の弊害
小林 敦子 著 / 風間書房 / 2015年 / A23ジ

近年、就業女性の進出は目覚ましいですが、質的な意味では拡大には至っていないのが現状です。女性の管理職や研究者など女性の能力を発揮させる環境を整えるには、ジェンダー・ハラスメント(性別に基づく差別的な言動や女性を一人前扱いしない発言などによる嫌がらせ)の対策が必要であると著者はいいます。「女性らしさ」の弊害と...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
沖縄ジェンダー学 第2巻
沖縄ジェンダー学 第2巻
法・社会・身体の制度
琉球大学国際沖縄研究所ライブラリ 喜納育江 ・ 矢野恵美 / 大月書店 / 2015年 / A22オ

日本列島から見れば周縁の地であり、一方では東アジアの要衝に位置する沖縄。政治的にも文化的にも常に複雑な潮流が交錯するこの場所で、女性たちはどのように世界を見つめ、生きてきたのでしょう。「小指の痛みは親指の痛み」と訴える沖縄の声は届いているのでしょうか?沖縄に土着した女性の貧困問題・児童虐待・DVや暴力の問題...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ドメスティック・バイオレンスと民間シェルター 
ドメスティック・バイオレンスと民間シェルター
被害当事者支援の構築と展開
小川真理子 / 世織書房 / 2015年 / C131ド

なぜDV被害者には民間による支援が必要なのでしょうか。「民間シェルター」は所在を非公開にし、まるで社会に存在しないかのようにひっそりと運営していますが、近年利用者が増加し重要度を増してきています。草の根の女性たちがどのように民間シェルターを開設してきたのかを、支援者の視点から多角的に考察し、その役割と今後の...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
デートDV・ストーカー対策のネクストステージ 
デートDV・ストーカー対策のネクストステージ            
被害者支援/加害者対応のコツとポイント
伊田広行 著 / 解放出版社 / 2015年 / D14デ

「一心同体がいい」というカップル感は非常に危険で、「一人が基本」というシングル単位の恋愛観が重要であると、長年デートDV防止に取り組んできた著者は言います。その考えを基に、予防教育や被害者支援、加害者プログラムの方向性を示します。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
マララ
マララ
教育のために立ち上がり、世界を変えた少女
マララ・ユスフザイ、パトリシア・マコーミック 著 / 岩崎書店 / 2014年 / f2ユ

武装勢力の襲撃で重傷を負いながら、女性への教育の必要性や平和を訴える活動を続け、17歳でノーベル平和賞を受賞したマララさんが自分の半生を語ります。幼い頃の思い出、家族や友達のこと、タリバンの侵攻、襲撃を受けた日のこと、そして現在の暮らし・・・。小学校高学年から読める本です。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。.png
わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。
未来をうばわれる2億人の女の子たち
プラン・ジャパン 著 / 合同出版 / 2014年 / A380ワ

「女の子だから学校へ行けない」「女の子だから早すぎる結婚を強いられる」「女の子だから家事使用人として労働させられる」 女の子だからという差別や偏見で自由を奪われている多くの女の子がいます。「女の子だから・・・」その後にくる言葉は、わたしたちの力で変えられる未来です。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
モラルハラスメント
モラル・ハラスメント
こころのDVを乗り越える
橋本俊和・橋本智子 著 / 緑風出版 / 2014年 / C14モ

パートナーは優しいときもあるけれど、いきなり怒り出して罵声や無視が続く、すべてを否定され、「心を持たないロボットになりたい」と思うほど追いつめられる・・・それは「モラルハラスメント」という暴力です。被害者に寄り添いながら、モラハラとは何か、どう対処すればよいのかを弁護士の著者がていねいに説明します。    ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
カウンセラーは何を見ているか
カウンセラーは何を見ているか
信田さよ子 著 / 医学書院 / 2014年 / C213カ

依存症、DV、虐待のカウンセリングの第一人者である著者が、「見る」ことを語ります。一対一のカウンセリングでも、クライエントの語る言葉に登場する人が頭の中に現れ、その人の顔や服装までも見ることができると著者は言います。カウンセリングのノウハウを一挙公開します。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
フォト・ドキュメンタリー人間の尊厳
フォト・ドキュメンタリー人間の尊厳
いま、この世界の片隅で
林典子 著 / 岩波書店 / 2014年 / A31ニ

パキスタンの硫酸被害女性、家族を失った被災者、キルギスの誘拐結婚…世界には見たくないと思っても、見なくてはいけない問題に直面しながら生きている人びとがいます。見る側の心揺さぶる写真多数を使って、その姿を報告します。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
アンガーマネジメント
パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門
怒り、イライラのコントロールで、職場は変わる!成果が上がる!
小林浩志 著 / 東洋経済新報社 / 2014年 / B217パ

パワハラの被害者は、心が傷つけられ、尊厳を奪われる。加害者も、後悔し、自己嫌悪に陥る。そして企業は生産性を下げ、イメージを損なう・・・。怒りと上手に付き合い、怒りの感情をコントロールする方法であるアンガーマネジメントを解説します。職場以外にも使えるアプローチです。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
世界の女性問題 2
世界の女性問題 2 
暴力、差別、戦争
関橋眞理 著 / 汐文社 / 2013年 / 小A31セ

暴力、差別、戦争はそれぞれ個別に独立した問題ではなく、互いにつながり合い、背景にはジェンダーが深く関わっていると言います。テーマに沿って、実例と多くの写真で解説します。小学校高学年から読める本です。『世界の女性問題 1 貧困、教育、保健』も所蔵しています。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
DV・ストーカー対策の法と実務
DV・ストーカー対策の法と実務
小島妙子 著 / 民事法研究会 / 2014年 / C14デ

DV・ストーカーは犯罪となる行為を含む重大な人権侵害であり、社会的に許容されないという法規範(生ける法)を確立することが求められています。今般の法改正内容についてや、DV・ストーカーの基礎知識、さらに、具体的な事案の実務を解説します。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
モラルハラスメントの心理構造
モラル・ハラスメントの心理構造
見せかけの愛で相手を苦しめる人
加藤諦三 著 / 大和書房 / 2013 / C21モ

「最も望ましい親は子どもを愛している親である。最悪は子どもを愛していないのに、愛していると思っている親である。最悪よりもっと酷(ひど)いのは、子どもを情緒的に虐待しながら、子どもを愛していると信じこんでいる親である。」-「あなたのため」というモラルで相手を支配するモラル・ハラスメントの実態を明らかにし、それ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
デートDV予防教育テキスト
デートDV予防教育テキスト
すぐに役立つ、あなたにもできる
DV防止ながさき 編 / DV防止ながさき / 2013年 / HC14デ

中高生の多くは、デートDVは「身体的暴力だけ」というイメージを持っていると言います。DVには監視や束縛、暴言、交友関係の制限などの精神的暴力や、経済的暴力、性的暴力も含まれます。被害者は自己肯定感を奪われ、自信や安全を失います。本書は、だれでもデートDV予防教育ができるように、スライド教材と詳しい解説、配布...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]


お問合せは… 男女共同参画センター横浜 管理情報課    電話:045(862)5056

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]