女性の仕事・起業・心とからだの健康支援・DV相談・セクハラなど性差別の申出・パソコン講座、子育て支援等の事業、施設貸出を行っている横浜市の男女共同参画センターです。

がんを経験した女性のための「和食薬膳料理の会」を開催しました。



防災


くらし・自己表現

講師&スタッフのおすすめ本

百年の女
百年の女
『婦人公論』が見た大正、昭和、平成
酒井順子 著 / 中央公論新社 / 2018年 / A251ヒ

『中央公論』の妹分として1916年に創刊された雑誌『婦人公論』は、大正・昭和・平成の時代と女性の生き方をうつし出してきました。本書は婦人公論の膨大なバックナンバーから、日本に起こった出来事を背景に、日本の女性の変化したところ、変化しなかったところを著者の目線で切り取ります。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
〈女子力〉革命
〈女子力〉革命
人生100年時代を生きぬくために
萱野稔人 編 / 東京書籍 / 2018年 / B11ジ

哲学者で津田塾大学教授でもある著者と萱野ゼミの生徒がこれからの時代を生き抜く力について、考察します。男性よりも平均寿命が長い女性の人生を、女性自身が生き抜いていく力としての〈女子力〉について、身体、結婚、労働の3つのテーマから再定義していきます。   ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
気持ちが楽になる認知症の家族との暮らし方
気持ちが楽になる認知症の家族との暮らし方
繁田雅弘 監修 / 池田書店 / 2018年 / A392キ

認知症の人とともに暮らす家族は、家族だからこそ抱える悩みや不安があると思います。本書は、認知症の本人と暮らしている家族の体験談や認知症専門医、介護のプロ、健康の専門家のアドバイスから構成されています。ともに暮らすヒントが見つかる1冊です。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
からだが硬い人のヨガ
からだが硬い人のヨガ
RIE 監修 / マイナビ出版 / 2018年 / C313カ

からだが硬いからヨガはちょっと無理と敬遠していませんか。著者はヨガにとって、からだの硬さは大きな問題ではないと言います。本書は、ねじりのポーズなど、人気のヨガのポーズ32種類と、それらのポーズをより快適に、よりしなやかにとれるようになるための「ほぐしエクササイズ」40種類を紹介します。           ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
スモール・スタート あえて小さく始めよう
スモール・スタート あえて小さく始めよう
水代優 著 / KADOKAWA / 2018年 / B220ス

「小さく始めるとは、まずは動くということ、静を動に変えるということ」と著者は言います。終身雇用という言葉が過去のものとなっている時代だからこそ、会社と家庭以外の居場所が重要になってきます。リスクを恐れてじっとしているのでは状況は変わらない。現状を打破するためのヒントを提示します。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。
「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。
小川たまか 著 / タバブックス / 2018年 / A21ホ

性暴力被害、年齢差別、男尊女卑、保育園に預けられている子どもはかわいそう・・・。当事者やその視点に立つ人たちが、不公平や理不尽さを指摘すると、「そんな言い方じゃ、誰も味方にならないよ」と言われる。でも、空気を読んで、黙って笑ってはいられない。性犯罪やそれにまつわる世論、性犯罪刑法改正、ジェンダー炎上案件など...[詳細ページへ]

[ アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
女性と求人情報
女性と求人情報 
渡邉嘉子 著 / 先端教育機構社会情報大学院大学出版部 / 2018年 / A251ジ

日本で最初の求人広告は1872年に乳母を募集するものだったそうです。本書は、明治から平成まで、それぞれの時代の女性たちと、女性を取り巻く状況を当時の求人広告から読み解いていきます。時代によって働く女性に求められていた条件などが変化していく様子が分かり、興味深い内容となっています。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
話しベタですが…
話しベタですが…
浅田次郎 著 / 河出書房新社 / 2018年 / D2312ハ

流れるようなトークをしたい!しかし、人前で話すとお腹が痛くなる、そもそも話の引き出しが少ない、「察して・・・」とも思う・・・。「話す」に悩みがある人に向けた32人のエッセイ集。人間関係に明るいきざしが見えてきそうです。   ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
乙女の文学さんぽ 鎌倉・湘南編
乙女の文学さんぽ 鎌倉・湘南編
東京書籍書籍編集部 編 / 東京書籍 / 2018年 / D2411オ

観光地として有名な鎌倉ですが、実は昔から作家が多く暮らす街でもあり、文学作品にもたびたび登場しています。本書では、いくつかの文学作品を取り上げ、作品に登場する飲食店や寺社仏閣などをたくさんの写真とともに紹介します。 この本を片手に秋の鎌倉を散策するのもおすすめです。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ふつうの非婚出産
ふつうの非婚出産
シングルマザー、新しい「かぞく」を生きる
櫨畑敦子 著 / イースト・プレス / 2018年 / C251フ

ドキュメンタリー「ザ・ノンフィクション」放映で大反響。まだ結婚していない“未婚”ではなく、結婚するつもりはない“非婚”で出産した著者。試行錯誤しながら念願の第一子を出産し、現在共同保育を実践中です。著者の生き方から、家族とは何か、結婚とは何か、を考えさせられます。...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
危機の現場に立つ
危機の現場に立つ
中満泉 著 / 講談社 / 2017年 / F10キ

米有力経済誌「フォーチュン」が選ぶ2018年の「世界の偉大なリーダー50名」に選出された著者は、現在国連の軍縮担当事務次長・上級代表を務めています。本書は、学生時代のアメリカ留学に始まり、国連スタッフとして世界の紛争地で平和活動に奮闘してきた彼女の姿を描きます。本文すべての漢字にルビがふってあるので、子ども...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
産声のない天使たち
産声のない天使たち
深澤友紀 著 / 朝日新聞出版 / 2018年 / C251ウ

結婚すれば子どもが授かり、妊娠すれば元気な赤ちゃんが産まれると考える人もまだ多いのかもしれません。がしかし、現実には死産の割合は50人に1人だといいます。本書は赤ちゃんをなくした家族を取材し、ていねいにその気持ちを伝えます。「誰もが、優しい想像力を持つことで、誰かの悲しみをほぐすことができる。」という著者の...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
人は他人(ひと)
人は他人(ひと)
さわぐちけいすけ 著 / KADOKAWA / 2018年 / B33ヒ

前作「妻は他人」の著者が次に選んだお題は、「人は他人」。当たり前と言えば当たり前なタイトルですが、ついつい嫉妬や、言わなくてもわかって欲しいなどという感情が湧きおこり、他人とぶつかることがあります。著者の独特な感性による、人間関係にお悩みの方へのアドバイスです。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
女性に「即決」される文章の作り方
女性に「即決」される文章の作り方
「どうして売れないんだろう」と思った時、真っ先に読む本
谷本理恵子 著 / ぱる出版 / 2018年 / B234ジ

「売れない理由」を考えるより、なぜ、お客様は「買うことができなかった」のかを考える。「買わない理由」つまり「行動のブレーキ」になっている要素をすべて取り除く、という考え方が重要だと著者は言います。女性の購買心理に合わせたセールスコピーの極意を伝授します。...[詳細ページへ]

[ アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。
父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。
布施太朗 著 / 三輪舎 / 2016年 / B3411オ

「父と子の遊びのサイト・oton+to」で著者が綴った、3人の子どもたちとの日々のエッセイをまとめた1冊。仕事が忙しくて・・・などと言っているうちに、子どもたちは大きくなり、親と過ごす時間はどんどん短くなってしまいます。特別なことじゃなく、ちょっとしたことでも、子どもと一緒にできることは意外とたくさんありま...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
定年一年生の教科書
定年一年生の教科書
知らないと大変!定年後のお金の知識
55+ライフデザイン室 著 / KADOKAWA / 2016年 / B15テ

平均寿命が延び、以前よりも定年後の生活の時間が長くなっています。年金だけで生活できるのか、足りない分の生活資金はいくらぐらい必要なのか、よく分からないことが更に不安を掻き立てます。本書は、年金の繰上げ受給と繰下げ受給の比較や、相続など、基本的なお金のことについて解説するコミックエッセイです。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
三千円の使いかた
三千円の使いかた
原田ひ香 著 / 中央公論新社 / 2018年 / ハ

御厨家の祖母、母、娘たちのお金にまつわる連作短編集。それぞれが抱える老後や離婚、結婚、入院などに直面した時のお金のことについて、前向きに解決の道を探っていきます。節約や貯蓄方法のヒントもあり、日ごろのお金の使いかたを見直すきっかけにもなりそうです。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
新しいピラティスの教科書
新しいピラティスの教科書
石部美樹 著 石垣英俊、高橋なぎ 監修 / 池田書店 / 2018年 / C213ア

「ピラティスは体が本来持っている機能を正しく使うためのエクササイズ」だと著者は言います。教科書という名の通り、写真を多く使用し、細かく要点を解説します。暑さも落ち着いてきて、そろそろ何か新しいことを始めようかなと思っている方へ、おすすめです。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ママたちを支援する。ママたちが支援する。
ママたちを支援する。ママたちが支援する。
ふらっとスペース金剛 編 / せせらぎ出版 / 2018年 / A382マ

2003年大阪府富田林市に誕生した「ふらっとスペース金剛」。母親の孤独に寄り添い、専業主婦の負担を減らし、悩みを打ち明ける場所を、との考えからスタートした「ふらっとスペース金剛」の設立から今までの15年間の歩みを、起ち上げメンバーのインタビューを交え、紹介します。   ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
50才からがいよいよモテるらしい神話「フランス女」
50才からがいよいよモテるらしい神話「フランス女」
長坂道子 著 / 小学館 / 2018年 / B11ゴ

「フランス女は生涯恋愛体質らしい」「フランス女は自立している」「フランス女は美しく歳を重ねられる」・・・こんなフランス女神話の中で生きていくのは結構たいへん。彼女たちはあえて涼しい顔をしながら、闘いつづけています。長年パリで暮らした著者が、神話の裏事情をフランス女性の生の声から検証。日本女性の事情も見えてく...[詳細ページへ]

[ アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
精神科医が教えるちょこっとずぼら老後のすすめ
精神科医が教えるちょこっとずぼら老後のすすめ
保坂隆 著 / 海竜社 / 2018年 / B15セ

年齢を重ねてくると、今までできていたことができなくなったりします。そんな時つい、こんなはずじゃない!と頑張ってしまいがちです。本書では、精神科医である著者が、精一杯走り続ける生き方から、のんびり余裕を持った生き方に変える「ちょこっとずぼら」の極意を伝授します。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
お弁父
お弁父
和田率 著 / ネコ・パブリッシング / 2018年 / D1431オ

料理愛好家平野レミさんを母にもつ著者が、小学生の娘さんのために作ったお弁当の写真と短いコメントのお弁当日記。ちいさなお弁当箱に、愛情とおいしいものがたくさん詰め込まれている写真に心が和み、お腹が空いてきます。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
成果につながる!仕事と時間の「仕組み術」
成果につながる!仕事と時間の「仕組み術」
野呂エイシロウ 著 / 明日香出版社 / 2018年 / B220セ

毎日のスケジュールをどのように管理していますか?会議の予定時間だけを羅列していませんか。本書は、ズボラを自認する著者が時間の管理をするための56のコツを提案します。スケジュールには目的を持たせるなど、自分のスケジュール管理を見直すヒントが見つかりそうです。  ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ヤングケアラー
ヤングケアラー
介護を担う子ども・若者の現実
澁谷智子 著 / 中央公論新社 / 2018年 / A392ヤ

ヤングケアラ―とは、家族の介護を行う18歳未満の子どものこと。周囲に相談できず孤立したり、進路の選択を左右されたりと、その影響は彼らの学業や日常生活にも及んでいます。調査データ、当事者の声、海外の事例、現在の取り組みを紹介し、超高齢社会の家族のあり方とケアの今後を問います。                 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
50代のいま、やっておくべきお金のこと
50代のいま、やっておくべきお金のこと
中村芳子 著 / ダイヤモンド社 / 2018年 / A343ゴ

どんな人でも、お金の問題は必ず解決できると著者は言います。年金や、保険、住まい、投資のことなど、人生100年時代の今だからこそ、50代にやっておくべきことをファイナンシャルプランナーでもある著者が分かりやすく解説します。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ルポ児童相談所
ルポ児童相談所
大久保真紀 著 / 朝日新聞出版 / 2018年 / A382ル

厚生労働省の報告によると、28年度に全国の児童相談所が対応した虐待対応件数は12万件を超えています。本書は、西日本のある児童相談所の児童福祉司に密着し、虐待の実情に迫ります。日々、虐待対応をする児童福祉司の座談会や、虐待防止に積極的に取り組む高知県知事へのインタビューなどからも、児童相談所の今が見えてきます...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
浅田真央また、この場所で
浅田真央また、この場所で
浅田真央 著 川島小鳥 撮影 / 集英社 / 2018年 / D255ア

引退会見で涙を見せないようにと報道陣に背中を向けた姿が印象的だった、浅田真央さん。会見から一年が経ち、スケートへの想いや子どもたちに伝えたいこと、第二の人生についてなど、今の気持ちを綴ったフォトエッセイです。彼女の笑顔の奥にある穏やかだけれども強い気持ちが伝わってきます。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40
被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40
アベナオミ 著 / 学研プラス / 2017年 / A355ヒ

東日本大震災で被災した著者が、自身の体験をもとに「あのときあってよかったもの」などについて、コミック形式で紹介します。震災後の野菜不足を補うため、青汁パウダーなどをストックしておくとよいなど、被災者ならではのアドバイスが参考になります。地震や豪雨など、いつ、誰の身に起きてもおかしくない災害について、あらため...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
妊娠出産ホンマの話
妊娠出産ホンマの話
荻田和秀 著 / 講談社 / 2017年 / C251ニ

漫画とドラマで話題になった「コウノドリ」のモデルとなった医師が、「お産にまつわることで、ダンナが知っておきたい最小限の正しい情報と、肩の荷をおろせる(かもしれない)心得」を分かりやすい言葉で伝えます。新米お父さんにおすすめです。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
お父さん、だいじょうぶ?日記
お父さん、だいじょうぶ?日記
加瀬健太郎 著 / リトルモア / 2017年 / B3411オ

カメラマンであるお父さんが、(仕事が少しヒマだから)我が子の日常を写真に撮り、簡単なコメントを添え、ブログにあげていたものを書籍化した1冊。三人の息子たちと、ちょっと頼りないお父さん、ユーモアたっぷりのお母さんの日々の様子に、心が癒されます。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]


お問合せは… 男女共同参画センター横浜 管理情報課    電話:045(862)5056

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]