女性の仕事・起業・心とからだの健康支援・DV相談・セクハラなど性差別の申出・パソコン講座、子育て支援等の事業、施設貸出を行っている横浜市の男女共同参画センターです。

お盆休みも「女性のためのパソコン講座」



防災


くらし・自己表現

講師メッセージ

こころのちから~アサーティブネス

(スタッフ日記より転載)

そこに行けばだれかに会える、ほっとする、なんとかなる、と思えるような・・・
自分のちからに目覚めようとしているあなたへ。
これは、岩井美代子さんの本『こころのちから』の副題です。


アサーティブネスの12の権利をとてもわかりやすく次のように言いかえたのは
岩井美代子さんです。
声に出してお経のように朗読してみてください。


アサーティブネスイラスト.bmp










●●●「こころのちから」メッセージ●●●


1 私は、私が何をするか、どれからはじめるかを自分で選んで決めていい
2 私は、自分のよいところや能力を、ちゃんと認めてもらっていい
3 私は、自分に素直になって、人に感情を伝えていい
4 私は、自分の意見や価値観を、正直に相手に伝えていい
5 私は、ほかの人の気持ちにではなく、自分の気持ちにそって「はい」「いいえ」を言っていい
6 私は、まちがえてもいい
7 私は、気持ちや考えが変わったら、無理にがまんせずに、決めたことを変えていい
8 私は、わからないことがあったら、教えてもらっていい
9 私は、欲しいものを「欲しい」と言い、したいことを「したい」と言っていい
10 私は、人の悩みを、自分のことのように背負わなくていい
11 私は、周りの評価を気にせずに、人と接していい
12 私は、私のままでいい


(このメッセージは「エンパワーYOUネットワーク」のアサーティブネス・トレーニングの資料から
許可を得て転載しています。)

 

表現することで、心のちからを見つける
~講座シリーズ「女性のための心のアート」から

自分探しのマンダラづくり 写真は「自分探しのマンダラづくり」の参加者作品と、講師の浅葉和子さん

【スタッフのメッセージ】

「レッスンが終わるたびに新しい発見があり、心もからだもリフレッシュできた」「ゆっくり、ゆったりなどの言葉が心にしみました」「私の声もまんざら悪くない、もっともっとすてきになれる。幸せな気持ちでいっぱいです」「自分を色やかたちで表現してみて、こんな自分もあったのだと思いました」「温かくて自由で幸せな空気に包まれて過ごせたことに感謝」「他の方たちの心模様、思いなどをお聞きできたことがなにより収穫でした」。「女性のための心のアート」講座に参加された方たちから、これまでに寄せられた感想です。

絵が苦手、歌が苦手という人も、楽しみながらいつのまにか心がほぐれている・・・?  講座「女性のための心のアート」では造形、色彩、声、ことば、からだの動きなどさまざまな表現を通して、本来の自分に気づき、自分の感覚を回復することをめざしています。電話で「どんな内容の講座ですか」と聞かれても、このよさをことばで説明することにいつも限界を感じ、もどかしく思っています。

女性はともすると家族を優先し、仕事を優先し、自分のことは後回しになりがちです。知らず知らずのうちに自分の気持ちを心の奥深くに沈めてしまってはいないでしょうか。あわただしい日々の暮らしをほんのひととき忘れて、自分のためだけのゆるやかな時間を過ごしてみませんか。それぞれの人が持っているすばらしい可能性を引き出すお手伝いは、個性的で魅力あふれる講師陣とスタッフがいたします。

アサーティブネス」ってなんですか?


【スタッフのメッセージ】


私たちの生活環境や人間関係は,日々複雑さを増しています。
そんな中、自分の本当の気持ちや言葉を飲み込んでしまうことも少なくありません。
「本当はこんな役目、断ってしまいたかった・・・」、「こんなことをお願いしたら、関係が壊れてしまいそう・・・」
そんな気持ちにがんじがらめになり、伝えることをあきらめてしまうことの多い私たちの生活・・・


「アサーティブネス」は自分も相手も尊重したコミュニケーション方法のこと。
なんだか難しそうですが、それは相手を認め、自分を認め、そして誠実に気持ちを伝えていくというものです。

もちろん、伝えたいからといってなんでも思ったことをそのまま言葉にしていたのでは、それこそ関係がこじれてしまいますよね。Cry
これには考え方の転換と練習が必要なのです。

フォーラムでは、誰にどんな場面でどのようなことを伝えたいのか、実際に練習していく参加型の講座を定期的に実施しています。
過去の参加者の感想をご紹介しましょう。

Surprised2日間、心がいっぱい動いてハードなくらいでしたが、その分とても良かったと思います。ありがとうございました。
  ムリしないで私のできることから少しずつ初めていきたいです。年齢、男女に関係なくたくさんの方が参加されると良いと思いました。
  日々の会話は大切です。多くの方がこの手法を理解すれば、世界が変わるかもしれませんね。
  この講座は笑いあり、涙あり、とにかくよく話します。そしてここちよい疲れを感じることのできる講座です。
  日常生活を変える一歩としておすすめします。

Surprisedアサーティブの言葉は初めてだったので不安だったのですが、ロールプレイなどを経験して勉強になりました。
  先生の明るさが気持ちをらくにしてくれました。色々な体験をされた方とお話できたことに良かったです。


自分の気持ちを偽ったままでいることが、はたして相手にも自分にも誠実なことなのか?
自分は相手をきちんと認めているだろうか?
本当は、自分はどんな気持ちなのか?


「アサーティブネス」はそんなことを考えさせてくれます。
そしてそれは、私たちの「生き方」そのものにもかかわってくることなのです。



<おすすめ書籍>

☆アン・ディクソン  「第4の生き方」
              「それでも話しはじめよう」

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]