女性の仕事・起業・心とからだの健康支援・DV相談・セクハラなど性差別の申出・パソコン講座、子育て支援等の事業、施設貸出を行っている横浜市の男女共同参画センターです。

【開催報告】女性社員の活躍を後押しできる管理職育成セミナー



防災


心とからだの健康

講師&スタッフのおすすめ本

サクラ先生が教える!コウノドリ妊娠・出産Q&Aブック
サクラ先生が教える!コウノドリ妊娠・出産Q&Aブック
鴻鳥サクラ/著 鈴ノ木ユウ/絵 宋美玄/監修 / 講談社 / 2017年 / C251サ

本書は、テレビドラマ化もされた人気漫画「コウノドリ」の主人公たちが、妊娠・出産の悩みや疑問に答える形で構成されています。20~40代の「妊娠を希望する女性」「妊娠中の女性」を対象に実施したアンケート調査をもとに質問を作成しているので、よりリアルな内容になっています。  ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ムリなくはじめられる楽しいランニング
ムリなくはじめられる楽しいランニング
鈴木清和 著 / 成美堂出版 / 2017年 / D252ム

年が明けて約1ヶ月が経過し、正月太りなのか何となく体が重たいなと思っている方も多いのではないでしょうか。そんな時、手軽に始められるランニングはおすすめです。ただし、自己流で走ると、足が痛くなったり、すぐに疲れたりします。そんな悩みを解決する方法を写真を多用し、丁寧に解説します。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
私の中のわたしたち
私の中のわたしたち
解離性同一性障害を生きのびて
オルガ・R・トゥルヒーヨ 著 伊藤淑子 訳 / 国書刊行会 / 2017年 / C323ワ

幼少時から親と兄弟による性虐待を受けてきた著者。虐待される自分から解離することで、何とか生き延びてきました。自己を回復するまでの苦しい道のりは、読んでいるこちらも苦しくなるほどです。それでも著者は生きることをあきらめず、本当に愛する人との幸せにたどり着きます。 いつかきっと未来は開ける。トラウマのサバイバ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
モラルハラスメント 
モラルハラスメント
あなたを縛る見えない鎖
リサ・アロンソン・フォンテス 著 宮家あゆみ 訳 / 晶文社 / 2017年 / C14モ

パワハラやセクハラと違い、モラハラは被害を受けた側がそのことに気づいていないこともあると言われています。モラハラは、あたかも相手からの愛情のように感じられることがあり、その情熱や親切が、脅し、罰、孤立、さらに肉体的暴力と共存すると著者は言います。本書では、モラハラとは何かから始まり、モラハラを終わらせるため...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
1時間でわかる乳がん
1時間でわかる乳がん
山田圭子、坂口みく、三谷美佐子、河崎芽衣 著 中澤幾子 アドバイザー、上野貴史 医療監修 / 秋田書店 / 2017年 / C322イ

がんの告知を受けた時、おそらく多くの人は何も考えることができない状態になるのではと思います。それでも治療のこと、お金のこと、家族のこと、様々なことを決めなければなりません。何とか情報を得ようと本を読んでみても、まるで頭に入ってこなかったり・・・。本書はそんな方のために、マンガで情報を伝えます。巻末には乳がん...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
天気が悪いとカラダもココロも絶不調
天気が悪いとカラダもココロも絶不調低気圧女子の処方せん
小越久美 著 小林弘幸 監修   / セブン&アイ出版 / 2017年 / C329テ

自律神経は人間の体温や体にかかる気圧の調節をしているそうです。天候が急激に変化すると、自律神経がその調節に追いつけなくなってしまい、不調が起こります。気象予報士でもある著者ならではの視点で、天気と自律神経の関係などを解説します。普段、何気なく見ている天気予報を見る目が変わってきます。...[詳細ページへ]

[ フォーラム・フォーラム南太田・アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
そっと無理して、生きてみる
そっと無理して、生きてみる
高橋幸枝 著 / 小学館 / 2017年 / B11ソ

年を重ねると、ついつい無理はしないでおこうと思いがちです。百歳で現役医師である著者は、体も脳細胞も、使わなければ錆びてしまうから、ちょっとだけ無理をしてみるそうです。「何歳になっても、新しい自分を始められるのです」という著者の言葉には、長年生きてきたからこその重みを感じます。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム 所蔵 ]
がんばりすぎない、悲しみすぎない。
がんばりすぎない、悲しみすぎない。
「がん患者の家族」のための言葉の処方箋
樋野興夫 著 / 講談社 / 2017年 / C322ガ

苦しんでいる患者を前に「自分が弱音を吐くことなどできない」と一人悩んでいる「がん患者の家族」に寄り添う本です。患者を支える側の悩みや不安にQ&A形式で応えます。池上彰さんとの特別対談や、患者と家族が同じテーブルに着き話しができる各地のがん哲学外来・カフェ一覧も収録しています。...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
わたしの主人公はわたし
わたしの主人公はわたし
他人の声に振りまわされない生き方
細川貂々 著 / 平凡社 / 2017年 / B11ワ

自分を好きになれず、何事もネガティブにしか考えられかった著者が、自分とまわりと向き合い、生きるのがラクになるコツを綴ったエッセイです。他人から見える自分に縛られて、「生きにくさ」を抱えている人におすすめです。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
尿もれ、頻尿を自力で治す。
尿もれ、頻尿を自力で治す。
MAGAZINEHOUSE MOOK / マガジンハウス / 2017年 / C324ニ

尿もれ、頻尿などの尿トラブルは、切実な悩みではありますが、なかなか相談しにくいものでもあります。本書では自分のタイプを見極めることから始めて、簡単な体操やマッサージなどが分かりやすく紹介されています。まずは自力で改善したい方におすすめの1冊です。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
いつでも死ねる
いつでも死ねる
帯津良一 著 / 幻冬舎 / 2017年 / B11イ

「昨日を引きずらず、明日を憂うことなく、今日、今をきちんと生きる。」「まだ、起こっていないことを心配するのはエネルギーの無駄。」―がん治療の最前線で「いのち」と向き合ってきた著者だからこそ伝授できる、39の人生の極意です。                      ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
イヤな気持ちがスーッと消えていくココロにいいこと事典
イヤな気持ちがスーッと消えていくココロにいいこと事典
心地よい暮らしをつくる会 編 / 青春出版社 / 2017年 / C21イ

病は気からといいますが、心の不調は体の不調へとつながっていきます。イヤな気持ちに対処するための「ココロにいいこと」を5つのポイントごとに紹介していきます。窓を開けて風を入れるなど、簡単なことからできる、「ココロをほぐす103のヒント」です。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ハタチまでに知っておきたい性のこと
ハタチまでに知っておきたい性のこと
大学生の学びをつくる
橋本紀子、田代美江子、関口久志 編 / 大月書店 / 2017年 / C122ハ

「LGBTの人たちを含む多様な人間存在が認められてきたことなどにより、ジェンダー・セクシュアリティをめぐる国際的動向は、ここ20年ばかりの間で大きく変化している」と編者は言います。本書では、自分の体の構造や性感染症の予防、性の多様性やデートDV、キャンパスセクハラなど、身近なテーマを取り上げて解説します。...[詳細ページへ]

[ フォーラム・アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
〈図解〉「疲れない身体」をつくる本
〈図解〉「疲れない身体」をつくる本
齋藤孝 著 / PHPエディターズ・グループ / 2017年 / C313ズ

“疲れない身体”があったらいいですよね。大事なポイントは、ストレスをためないこと、そして「血液や呼吸、“気”やムダなことを流すこと」と著者は言っています。人よりも疲れやすかった著者が研究した方法を図解イラストを交え、紹介します。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド
患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド
日本緩和医療学会ガイドライン統括委員会 編集 / 金原出版 / 2017年 / C322カ

がんを治療するためには、痛くてもつらくても我慢するものと思っていませんか。本書では、痛みは我慢する必要がないこと、痛みを誰にどうやって伝えればよいのか、痛みどめの薬は怖くないのかなどについて、Q&A形式で分かりやすく答えています。よりよい治療のために読んでおきたい1冊です。...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
双極性障害のことがよくわかる本
双極性障害のことがよくわかる本
野村総一郎 監修 / 講談社 / 2017年 / C323ソ

最近耳にすることが多くなってきた「双極性障害」。双極という言葉の通り、躁とうつの状態が入れ替わりあらわれ、自分ではコントロールできません。うつ病と診断されてしまうこともあり、診断が難しい病気とも言われています。正しい診断と治療を受けるためには、まずは正しい知識から、ということで、原因や治療法、本人や周囲の人...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
体のコリがすべて消える究極のストレッチ
体のコリがすべて消える究極のストレッチ
中村格子 著 / 日経BP社 / 2017年 / C313カ

整形外科医になって25年の著者が提唱するのは、「一生はつらつと元気でいられる体」。そのためには、三大関節である股関節・肩関節・ひざ関節を正しくストレッチすることが重要なようです。運動というと、ついついハードなものを連想しますが、簡単なストレッチを毎日少しずつ続ければいいという著者の言葉に救われます。涼しくな...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
皇帝の漢方薬図鑑
皇帝の漢方薬図鑑
木村美紀 著 / じほう / 2017年 / C315コ

漢方薬ってどんなときに飲むくすり?漢方薬を知るために漢方皇帝と旅に出た女の子がくりひろげる物語。54種類の漢方薬をキャラクター仕立てでわかりやすく解説します。「漢方の基礎知識」の章では生薬30種類を写真付きで紹介。楽しく学べる絵巻物のような図鑑です。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
遺族外来
遺族外来
大切な人を失っても
大西秀樹 著 / 河出書房新社 / 2017年 / C27イ

死別は人生最大のストレスであるにもかかわらず、遺族に対する社会の支援は病院も含め充分ではない状況だと著者は言います。その現状に際し、著者の勤務する埼玉医科大学国際医療センターに設置された「遺族外来」。遺族外来に訪れた人たちが、懸命に再生に向かっていく姿を医師の目を通して描いています。            ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
まんがでわかる自律神経の整え方
まんがでわかる自律神経の整え方
「ゆっくり・にっこり・楽に」生きる方法
小林弘幸、一色美穂 著 / イースト・プレス / 2017年 / C313マ

普段意識することのない自律神経。これが乱れると、疲れやすくなったり、肌荒れや情緒不安定になったりします。「自律神経を整えるには、誰にでも元々備わっているカラダ本来のリズムに従えばいい」と本書にあるように、深呼吸・動作をゆっくりするなど、無理なくできそうなアドバイスが満載です。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム 所蔵 ]
心とカラダがやすまる暮らし図鑑
心とカラダがやすまる暮らし図鑑
川上ユキ 著 / エクスナレッジ / 2017年 / D11コ

今日の疲れは、できれば明日に持ち越したくはないものです。著者は、玄関に“五感に働きかけるアイテム”を置くことによって、家に帰った時に仕事モードから休むモードに切り替えることを提案しています。他にも、眠ること、食べること、入浴法など、少しの工夫で快適に過ごせるコツを紹介しています。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
がん治療中の女性のためのLIFE & Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE & Beauty
さとう桜子 著 / 主婦の友社 / 2017年 / C322ガ

がんと診断された時、何をどうしたらよいか分からず、不安な気持ちになってしまう人も多いと思います。治療による副作用で起こる脱毛や肌トラブルへの対応を、自らもがん患者であった著者が分かりやすく解説します。がん治療中の方が身近にいる人にも、参考になります。           ...[詳細ページへ]

[ フォーラム・フォーラム南太田・アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
かんもくって何なの!?
かんもくって何なの!?
しゃべれない日々を脱け出た私
モリナガアメ 著 加藤哲文 解説 / 合同出版 / 2017年 / A383カ

身の回りに「人見知りの激しい、大人しい子」っていませんでしたか?もしかしたらその子は「場面緘黙症(かんもくしょう)」だったのかもしれません。家では話せるのに、外に出ると話せない。話したくても話せない。もがき苦しみながら、しゃべれない日々を抜け出した著者の体験が漫画で描かれています。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
椅子ヨガ
椅子ヨガ
1日5分で自律神経が整う
山田いずみ〔監修〕 / マガジンハウス / 2017年 / C313イ

ヨガって難しそうと思いがちですが、椅子に座ってできるとなれば挑戦してみたくなります。家で電車で職場で、椅子があればどこでも、呼吸を整えることから始められます。簡単なポーズばかりなので、これなら毎日続けられそうです。夏の疲れが出てくる今こそ、自分の体の声を聴きながら試してみませんか。             ...[詳細ページへ]

[ フォーラム・フォーラム南太田所蔵 ]
アスピーガールの心と体を守る性のルール
アスピーガールの心と体を守る性のルール 
デビ・ブラウン 著 村山光子 訳 吉野智子 訳 / 東洋館出版社 / 2017年 / C12ア

アスピーガールとは、著者が名づけた「繊細で傷つきやすいアスペルガーの女の子と女性」の愛称です。なかなか他人に相談できない性の悩みや問題について、ていねいに説明しています。自身もアスペルガーと診断された著者だからこそ伝えられる「自分の心と体を守るため」の方法です。アスピーガールだけではなく、すべての女の子に読...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
体の使い方を変えればこんなに疲れない!
体の使い方を変えればこんなに疲れない! 
岡田慎一郎 著  / 産業編集センター / 2015年 / C22カ

私たちの体は、本来トレーニングなどで鍛えなくても、重いものを運んだり、家事を長時間できるようになっていると著者は言っています。今ある体を合理的に使うコツを日常の動作を例に取り、解説しています。ゴミだしや段ボール箱の持ち上げ方、つり革のつかみ方など、さっそく日々の生活に取り入れてみたくなります。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
がんは働きながら治す!
がんは働きながら治す!
一億総活躍社会のためのがん教育
中川恵一、関谷徳泰 著 / 労働調査会 / 2017年 / C322ガ

がんと診断された時、ショックで何も考えられず、とにかく治療に専念しなくてはと仕事を辞めてしまう人も多いのでは。病気の治療には時間もお金もかかります。がんになっても働き続けるために、知識や制度を知ることは大切です。巻末には、参考になる本や相談窓口などの情報も紹介されています。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム・アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
ちょっと早めの老い支度 続々
ちょっと早めの老い支度 続々   
岸本葉子 著 / オレンジページ / 2017年 / B14チ

年齢を重ねると、できなくなることが多くなってきます。でも悲観することはありません。身についてくることもあるはずです。それを著者は「おばさん力」と呼んでいます。ちょっと早めの老い支度シリーズ第3弾、体験を交えたアドバイスは、日々の暮らしを見直すきっかけにもなりそうです。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
大卒無業女性の憂鬱
大卒無業女性の憂鬱
彼女たちの働かない・働けない理由 
前田正子 著 / 新泉社 / 2017年 / A311ダ

「家事手伝い」として見過ごされてきた無業女性の問題は、そのまま女性の貧困問題に直結し、抜き差しならないところまで来ています。本書は、女性を取り巻く労働環境の実態を明らかにし、大卒無業女性への支援やケアを提言しています。支援例の中には、フォーラム南太田の「めぐカフェ」(若い女性の就労支援を積むための場)につい...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
家のしごと
家のしごと
山本ふみこ 著 / ミシマ社 / 2016年 / ヤ

家のしごとには渾身のちからをこめるだけの値打ちがある。3人の娘を育て、食事をつくり、掃除に精を出し、夫婦喧嘩をし・・・・・・。でもときには、サボったり、大げんかしたり、やらかしてもいる。50代後半となり、家のしごとほど大事なもの、おもしろいことはないと著者は言います。ほっこり語りかけてくる一冊。毎日新聞の人...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]


お問合せは… 男女共同参画センター横浜 管理情報課    電話:045(862)5056

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]