女性の仕事・起業・心とからだの健康支援・DV相談・セクハラなど性差別の申出・パソコン講座、子育て支援等の事業、施設貸出を行っている横浜市の男女共同参画センターです。

「私のしごと・手しごとマルシェ」開催しました。



防災


子育て

応援メッセージ「ひとりじゃないよ、子育て」

★フォーラム「子どもの部屋」を安心できる居場所に

現在保育児の年齢は1歳半から未就学児ですが、年々、子どもは低年齢化し、保育は初めてという親子も多くなっています。親と離れるときに大泣きする子どもには無理をさせず、ゆったりとその子に合わせて接していると、他の子どもたちの遊んでいる様子を目で追ったりしながら、少しずつままごとやブロックなどの遊びに入ってきます。子どものもつ環境順応力には本当に感心! いっぽうで、「こんなにゆったり自分自身の時間を持つことができたのは久しぶりでした。でもうちの子は大丈夫だったかしら」といいながらお迎えに来た女性は、時には帰りたがらず、楽しそうにしている子どもの様子を見て、ニッコリされます。
そんな時、私たちは親、子ども、保育者がそれぞれ充実した時間を共有しているという思いになります。「子どもの部屋」が親子にとって家の外にある、もう一つの安心できる楽しい居場所になれるよう、私たちは心から願っています。

(NPO法人Yokohamaこども応援団)


【追記】戸塚にフォーラムが開館した1988年当時、風見鶏のついたとんがりぼうしの屋根の「子どもの部屋」が併設されたことは、とても画期的なことでした。主催講座に保育がつくということが話題になる時代で、全国から視察がありました。その当時からの保育者たちのつながりを中心に、次世代の子育てを応援したいという思いのメンバーが集まって設立したのが「Yokohamaこども応援団」です。

★「親子のひろば」に来てみませんか

「親子のひろば」は、0歳から小学校入学前の親子が思い思いに過ごせる人気スポット。1階の「子どもの部屋」で、火曜・水曜・土曜にオープンしています。

毎週土曜は、パパの子育て応援してます!のメッセージをこめた「パパといっしょのひろば」の日。
もちろん、じーじもばーばもママもwelcomeです。

子育ては人それぞれに違うもの。 ほかのパパは休みの日、どんなことをして子どもと一緒に遊んでいるんだろう? グズった時はどうしているんだろう? そんなちょっとした疑問や気になることには、ほかのパパ・ママのようすを見たり、情報交換ができると心強いです☆
仕事以外の場面でのおしゃべりはちょっと苦手だな、というパパもご心配なく。童心に返り(?)、ひたすらプラレール作りやブロック作りに夢中になっているパパもいますよ(^ ^)。なんたって、ひろ~いフローリングの部屋ですから。
なかなか平日は子どもと過ごす時間がとれないかもしれないけど、土曜日は思う存分遊びましょう!
ママがおでかけの時、体調が悪い時、ちょっとリフレッシュしたいという時、パパと子どもで、アートフォーラムあざみ野に来てみませんか?

(NPO法人 こども応援ネットワーク)

★ひとりじゃないよ

子育て中、気がついたら朝から誰とも話をしていなかった…そんなときって、ありませんか?
「しゃベリバほっとサロン」は、ママたちの不安や疑問、日頃感じていることなど、なんでもざっくばらんに話せる場所です。
子どもは隣の部屋で遊ばせながら、月齢の違うママの話がヒントになったり、先輩ママの体験にほっとしたり。
明日からの子育てにちょっぴり元気を与えてくれる、そんなひとときをご一緒にすごしませんか。

(ゆめこびと)


※「子育てしゃベリバほっとサロン」は、フォーラムで毎月第3水曜に開催しています。要予約。

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]