女性の仕事・起業・心とからだの健康支援・DV相談・セクハラなど性差別の申出・パソコン講座、子育て支援等の事業、施設貸出を行っている横浜市の男女共同参画センターです。

サプライズで樹木希林さん登場!~フォーラム南太田まつり2017~



防災


相談する

おすすめ情報・本

養育費・婚姻費用の新算定表マニュアル
養育費・婚姻費用の新算定表マニュアル
具体事例と活用方法
日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会 編 / 日本加除出版 / 2017年 / A112ヨ

当事者からの「どうしてこんなに養育費が少ないのか?」などの声に耳を傾け、日本弁護士連合会が2016 年11 月に発表した「養育費・婚姻費用の新しい簡易な算定方式・算定表」。新しい算定表についての使い方を具体例や計算方法を交え、分かりやすく説明しています。複雑な事例(高額所得者、養子縁組した場合など)にも対応...[詳細ページへ]

[ フォーラム 所蔵 ]
大卒無業女性の憂鬱
大卒無業女性の憂鬱
彼女たちの働かない・働けない理由 
前田正子 著 / 新泉社 / 2017年 / A311ダ

「家事手伝い」として見過ごされてきた無業女性の問題は、そのまま女性の貧困問題に直結し、抜き差しならないところまで来ています。本書は、女性を取り巻く労働環境の実態を明らかにし、大卒無業女性への支援やケアを提言しています。支援例の中には、フォーラム南太田の「めぐカフェ」(若い女性の就労支援を積むための場)につい...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
いじめのある世界に生きる君たちへ 
いじめのある世界に生きる君たちへ                 
いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉
中井久夫 著 / 中央公論新社 / 2016年 / A381イ

子どもたち、特にいじめられている子どもたちに向けて、「いじめのワナのような構造の、君は犠牲者であるということを話して聞かせ、その子のかかえている罪悪感や卑小感や劣等感を軽くしてゆく」ために書かれた本です。いじめと真剣に向き合う親や教師、大人たちにも役立ちます。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
弁護士は見た!職場の労働トラブル
弁護士は見た!職場の労働トラブル               
藤池尚恵 著 / 日本経済新聞出版社 / 2016年 / B212ベ

「正社員でなくても育休は取れる?」「セクハラで悩んでいるけどどこに相談したらいいの?」「会社からの一方的な通告、のまなくてはいけないの?」など、仕方がないと思って我慢していませんか?本書は、職場で遭遇しがちなトラブル事例をマンガで紹介し、労働法のキホンと対策を解説しています。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
横浜市人権施策基本指針
横浜市人権施策基本指針 改訂版
横浜市市民局人権課 / 横浜市市民局人権課 / 2017年 / GF33

人々のつながりがグローバル化する一方で、すべての人について尊重されるべき「人権」に関わる問題―差別、偏見、いじめなどーが後を絶ちません。「一人ひとりの市民が互いに人権を尊重しあい、ともに生きる社会」を目指す横浜市の指針です。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
メンタル不調者のための復職
メンタル不調者のための復職・セルフケアガイドブック     
櫻澤博文 著   / 金剛出版 / 2016年 / C323メ

著者は「労働衛生コンサルタント」の資格を持つ医師です。本書には、メンタル不調で休職していた社員が安定した就労ができるように、段階的な復職訓練や休職中の過ごし方、メンタル不調を予防するための知見、医師・会社の管理者との接し方といった実践的な対応の仕方が満載です。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
キャリアと出産
キャリアと出産
働く女性のワーク・バース・バランス                  
大葉ナナコ 著 / 河出書房新社 / 2016年 / C25キ

「結婚・出産をして働き続けるには何をどうすればいいのか」ということは、多くの働く女性の悩みです。女性の心身の健康や新しい命の健やかな成長にも踏み込んだ「ワーク・バース・バランス」を掲げ、妊娠・出産・育児を絡めたキャリア形成について、ロールモデルを紹介しながら探っていきます。                 ...[詳細ページへ]

[ アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
Sheという生き方
Sheという生き方
嶋守さやか、廣田貴子 編著 / 新評論 / 2016年 / B11シ

仕事や晩婚化、晩産化、不妊治療や出生前診断、高齢出産、障がい児の子育て・・・・・・。それぞれの事情を抱えつつ真剣に生きてきたアラフォー3人の生き方を示しながら、「現代女性の幸せのきほん」について深く考察していきます。どんな時代や世代に生きようと、女性が幸せになれる条件は? ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ニューヨークで学んだ「人生を楽しむ」121のヒント
ニューヨークで学んだ「人生を楽しむ」121のヒント         
エリカ 著 / 宝島社 / 2016年 / B11ニ

著者エリカは、単身ニューヨークに渡りファッションと経営の仕事に携わりながら、長年待ち続けた製品を自ら製品開発して夢を実現した女性起業家です。本書は仕事、恋愛、お金、生き方、将来に関する121のリアルな悩みに、胸がすっと軽くなるようなエリカ流のヒントが満載。本書で紹介している「わくわく極秘ノート」を作れば、夢...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
生きづらい世を生き抜く作法
生きづらい世を生き抜く作法
雨宮処凛 著 / あけび書房 / 2016年 / B11イ

生きづらさを抱えている時、「何かを成し遂げなくていい。成長しなくていい。そんなふうに自分への期待感を極限まで下げてみると、これまでと少し、違う風景が見えてくる」と著者は言います。生きていくうえでの違和感ややるせなさ、苦しさに寄り添った温かで力強いメッセージ集です。  ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
家族・援助者のためのギャンブル問題解決の処方箋
家族・援助者のためのギャンブル問題解決の処方箋
CRAFTを使った効果的な援助法
吉田精次 著 / 金剛出版 / 2016年 / C325カ

パチンコ・競輪・競艇・競馬がやめたいのにやめられない!借金するまでになっている場合、当事者のギャンブル問題は依存症の段階まで進行しています。本書は、ギャンブル依存症専門精神科医によるCRAFT(クラフト=コミュニティ強化と家族トレーニング)を活用した効果的な対処法が満載。家族・支援者だけでなく当事者にもおす...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
その島のひとたちは、ひとの話をきかない 
その島のひとたちは、ひとの話をきかない           
精神科医、「自殺希少地域」を行く
森川すいめい 著 / 青土社 / 2016年 / C21ソ

数々の支援活動で注目をあびる精神科医が、「自殺希少地域」(自殺で亡くなるひとが少ない地域のこと)を訪れ、生きやすさのヒントを探す旅に出ます。生きやすさの答えはいつも医学の外にあると感じていた著者は、旅を通してひとつひとつ自分の固定観念が壊れていくことに心地よさを感じたと言います。それぞれの地域の中にある、共...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
「人生案内」にみる女性の生き方
「人生案内」にみる女性の生き方
母娘(ははこ)関係
大日向雅美 著 / 日本評論社 / 2016年 / B34ジ

女性の活躍促進ブームの中で、若い女性たちの無力感や諦め、焦りと苛立ちはむしろ強まっていると著者は言います。本書は母の葛藤、娘の悩み、女性の生きづらさへの、あたたかく、たしかな指南書です。読売新聞「人生案内」のコーナーで掲載された36の相談事例と回答を掲載しながら、背景にある母娘関係の闇を読み解きます。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ひきこもる子ども・若者の思いと支援
ひきこもる子ども・若者の思いと支援 
自分を生きるために                                                              
春日井敏之、櫻谷眞理子、竹中哲夫、藤本文朗 編 / 三学出版 / 2016年 / A381ヒ

何もしないで家にいるのは楽だろうと思われるかもしれませんが、ひきこもる本人も家族も心が休まることは、なかなか無いのです。本書では不登校やひきこもりを経験した青年たちが、自分の内面を見つめながら、そこで何が起こったのか率直に綴っています。親への失望感や怒りを書いた人もいます。当事者の語りに耳を傾けることを通し...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
離婚とお金
離婚とお金
どうなる?住宅ローン!
高橋愛子 著 / プレジデント社 / 2016年 / A112リ

約2分に1組が離婚するといわれている今、もはや他人事ではありません。意外に知らない落とし穴がいっぱいの離婚による財産分与。特に住宅ローンは、熟年離婚ほどリスクが高まります。必ず押さえておきたい「離婚」と「家」と「お金」の関係。本書は、離婚破産を回避するバイブルです! ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
中高生からのライフ&セックスサバイバルガイド
中高生からのライフ&セックスサバイバルガイド
松本俊彦、岩室紳也、古川潤哉 編 / 日本評論社 / 2016年 / C122チ

大切なのに、人には聞きづらい性や生き方の悩み。うまくいかずに苦しんでいる十代へ、うまくやれるコツを、本音で伝授しています。精神科医、泌尿器科医、僧侶という異色なメンバーが、“失敗からしか学べない”という意のもとに、多様な経験者のリアルボイスを集め、思春期に何が大切なのかメッセージを伝えています。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
家族のゆくえは金しだい
家族のゆくえは金しだい
信田さよ子 著 / 春秋社 / 2016年 / B32カ

無職の子どもと、親。引きこもりや依存症、経済的DV、離婚……。家族問題の第一人者であり臨床心理士の著者は、家族問題をとく鍵は、「お金」だと指摘しています。なぜなら、具体的なお金をめぐる取り決め、お金をめぐる価値観が、その後の展開を左右していくからです。家族問題を浮き彫りにするリアルな事例をもとに、問題の根幹...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
結婚・事実婚・同棲に迷ったときに読む本
結婚・事実婚・同棲に迷ったときに読む本
ミドル・シニアカップルの法律相談
黒澤計男 著・監修 / 自由国民社 / 2016年 / A112ケ

「新しいパートナーと老後をともに過ごしたい。でもお金や子どもが心配・・・」そんな悩みにシニア世代の弁護士がお答えします。いつまでも若いシニアの男女の出会いをもっと肯定的に考えようと書かれた本です。                             ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
佐藤愛子の役に立たない人生相談
佐藤愛子の役に立たない人生相談
佐藤愛子 著 / ポプラ社 / 2016年 / B11サ

「もうすぐ30歳、知的で教養ある女性になりたい」「バブル世代上司の言動に困っています」「好きな人が一人に絞りきれません!」・・・大激動の人生を乗り越えてきた92歳の現役作家が、あらゆる世代のどんな悩みでも受けて立ちます。                        ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵所蔵 ]
ルポ父親たちの葛藤
ルポ父親たちの葛藤
仕事と家庭の両立は夢なのか
おおたとしまさ 著 / PHP研究所 / 2016年 / B211ル

なぜ、仕事と家庭の両立に悩む男性が後を絶たないのか。それは何かを手放す勇気がないから。本書は、仕事と家庭の板挟みになっている男性の声、そんな夫に対する妻たちの本音、会社側の理屈から現代男性の置かれた状況を見ながら、この状況を切り抜け、社会を少しずつ変えていくための8つのヒントを提示します。 ...[詳細ページへ]

[ アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
“うつ”からの完全復職バイブル
“うつ”からの完全復職バイブル
藤田潔、古川修、森脇正詞 著 / 幻冬舎メディアコンサルティング / 2016年 / C323ウ

多くの患者を職場復帰させた医学博士の著者らは、患者や家族が精神疾患に関する最低限の知識を身につけ、治療のミスマッチが起こる原因を知ることが、完全復職の第一歩だと断言しています。本書は、正しい診断・治療とはどういうことかを解き明かし、そして復職に向けて不可欠な最新のリワークプログラムを紹介し、再発のない「真の...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
自閉症ガールひまわりさんの日常
自閉症ガールひまわりさんの日常
彼女に見えている世界
成沢真介 著 / 少年写真新聞社 / 2016年 / A383ジ

生命が躍動する夏真っ盛り、“ジヘーショー”の女の子が行く。その名前は「夏野ひまわり」。エピソードを通して、自閉症のある人の特徴的な感じ方、表現の仕方、理解の仕方を描きます。同じ場面をひまわりさんの視点、先生の視点でとらえ、障がい児教育の専門家が解説します。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
不自由な男たち
不自由な男たち
その生きづらさは、どこから来るのか
小島慶子・田中俊之 著 / 祥伝社 / 2016年 / A221フ

「どこにも行かないし、降りることも乗りかえることもできない。誰をも抜かないし、誰にも抜かれない。しかしそれでも我々はそんな回転木馬の上で仮想の敵に向けて熾烈なデッド・ヒートをくりひろげている」という村上春樹さんの文は、男性が強いられている競争の本質的な空虚さを的確に表現していると著者の田中俊之さん(男性学)...[詳細ページへ]

[ フォーラム、アートフォーラムあざみ野所蔵 ]
身近なあの人からの「攻撃」がピタッ!と止まる本
身近なあの人からの「攻撃」がピタッ! と止まる本
大門 昌代 著 / PHP研究所 / 2016年 / B31ミ

嫌味を言われる、罵倒されるというわかりやすい攻撃だけでなく、会社やコミュニティーの中で「必要なことを伝えてもらえない」「一人だけ仲間外れにされる」という攻撃もあります。本書はカウンセラーの著者が、攻撃されにくい人になるポイントを押さえながら、相手(毒親、舅姑、友人、ママ友、同僚、近所の人、パートナー)に応じ...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
介護のこころが虐待に向かうとき 
介護のこころが虐待に向かうとき
その真実を知る
松本一生、松本章子 著 / ワールドプランニング                              / 2016年 / A392カ

介護者が善意をもってケアを行っていても、つい起こってしまう、虐待と責められても仕方がない行為。それを防ぐためにはどうしたらいいか。さまざまな介護の困りごとに焦点を当て、介護の現実を見つめ、対処法を探ります。「それでもさきに希望がみえる」と思える本です。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
逃げたい娘諦めない母
逃げたい娘諦めない母
朝倉真弓 、信田さよ子 著 / 幻冬舎 / 2016年 / B34ニ

親に会うと、やたら疲れる。親からの不在着信がストレスだったり、親の反対にあうと、決断が揺らいだり・・・・・・。母の善意は、娘の憂鬱。いい娘をやめて、しあわせな娘になるための実践的な方法を紹介しています。母との適正距離に悩む主人公の物語を読みながら、母親に感じる小さなストレスやモヤモヤをスルーする行動や考え方...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
生きづらいと思ったら親子で発達障害でした
生きづらいと思ったら親子で発達障害でした
モンズースー 著 / KADOKAWA / 2016年 / A383イ

幼い頃から、自分の気持ちを表現するのが苦手で、生きづらさを抱えていたと言うモンズさん。出産後、ご自身がADHDと診断され、二人の子どもも発達障害グレーゾーンでした。発達障害と向き合って3年、診断を受けて一番良かったのは、「たすけて」が言えるようになったことだと言います。絶望と希望を繰り返しながら、それでもな...[詳細ページへ]

[ フォーラム所蔵 ]
ひきこもる女性たち
ひきこもる女性たち
池上正樹 著 / KKベストセラーズ / 2016年 / A311ヒ

「ひきこもり」という現象は、男性の身だけに起きる問題ではありません。摂食障害やリストカット、性被害などさまざまな背景で「社会に出られず生きづらさを抱えている」潜在する女性のひきこもり。今まで可視化されなかった、ひきこもる女性たちの実態に迫ります。 ...[詳細ページへ]

[ フォーラム南太田所蔵 ]
障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本
障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本
渡部伸 著 / 主婦の友社 / 2016年 / A383シ

「わが子がお金で困らないように」と考える親は多いと思います。著者は必要以上のお金はいらないが、できるだけたくさんの人々とつながっておくことが、子どもへの最大のプレゼントだと言います。本書は、障害基礎年金の仕組み、医療費の支援制度、資産の残し方、成年後見制度、経済的なサポート策、ケーススタディ別の課題と解決方...[詳細ページへ]

[ フォーラム 所蔵 ]
下流中年 
下流中年 
一億総貧困化の行方
雨宮処凛・阿部彩 他 著 / SBクリエイティブ / 2016年 / A35カ

バブル崩壊後の超氷河期に就活をしたロスジェネ世代もいまや40歳を超える中年です。介護離職、非正規雇用のスパイラル、引きこもり、ワーキングプア・・・彼らの受難、生きづらさとはどのようなものか。下流中年のルポなどをもとにリアルにとらえます。さらに、先行きが見えない社会とどう向きあっていくのかを考えます。    ...[詳細ページへ]

[ アートフォーラムあざみ野所蔵 ]


お問合せは… 男女共同参画センター横浜 管理情報課    電話:045(862)5056

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]