保育つき講座や図書館スペースも充実。施設貸出、女性の仕事・起業支援、各種講座やイベントの開催、DVなどの問題解決をサポートする相談を行っているフォーラムです。

「ピンチをチャンスに!仕事に生かせるセルフコーチング」講座を開催しました!



防災


生活工房

生活工房

生活工房は創造と交流の場。
3台の調理台を備えた調理コーナー、6台の作業台を備えた作業コーナーのあるオープンスペースです。
フォーラムならではの豊富にそろった道具をどんな風に使いこなすかは工夫次第。
主な備品はこちらをご覧ください。

料理や手工芸・工作など目的に応じて、おひとりでも、グループでもご利用いただけます。

フォーラムの主催講座と「貸切利用」の時間以外は、スペースをシェアする「個人利用」の時間になります。
個人またはグループ単位で予約ができます。


展示コーナーでは、日ごろの創作活動の成果を展示する「生活工房ミニギャラリー」を開催します。出展グループは年に2回公募します。

【ミニギャラリー利用案内】

  • 利用料:1グループ3,000円(7日間)
  • 対象:生活工房で活動している市民グループ、これから利用したいと思っているグループ。
  • 申込:所定の申込書を持参か郵送※申込多数の場合は抽選。

問合せ:電話045-862-5052

 個人利用 貸切利用
対象 個人や少人数のグループでの
スペースの共用利用
調理コーナー・作業コーナー
それぞれの専有利用
利用日
・時間
9:00~21:00 
(日曜・祝日 9:00~17:00)
※貸切利用・主催事業等の実施時を除く
毎月第3日曜の
午前(9:00~12:00)・午後(13:00~17:00)
※午前~午後の連続利用可
※主催事業等の実施時を除く
定 員 調理コーナー(調理台3台)定員20人、作業コーナー(作業台6台)定員20人
利用料金 1人300円 調理/作業コーナー、それぞれ
午前 2,500円・午後3,350円
申込み方法
電話または来館(先着順)


・利用日の2か月前の同日(休館日の場合はその前日)から

・予約は月2回まで
(利用日以降空きがあれば、再度2回まで可)


※貸切利用(第3日曜日)の申込みがない場合、2ヵ月前の同日から
個人利用の予約を受け付けます。
往復ハガキ(抽選)
・利用月の3カ月前の1日~月末(必着)

【記入事項】
(1)グループ名(2)代表者の氏名、住所、電話番号(3)貸切利用日及び時間帯
(4)利用内容(5)利用人数)(6)参加費の有無(7)利用予定の備品

抽選実施(利用月の2ヵ月前の1日)後、結果をお知らせします。当選された場合は
1週間以内に来館の上、利用料金をお支払いください。

※抽選申込みがなかった場合、2ヵ月前の1日から2ヵ月前の同日の前日まで、
先着順(電話)で、予約を受け付けます。(10日以内に来館手続きが必要です。)

例)6月の貸切利用(6月18日)の場合
抽選受け付け:3月1日~31日
抽選実施日:4月1日
先着順受け付け:4月1日~4月17日
予約・
問合せ先
フォーラム(男女共同参画センター横浜) 生活工房
〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町435-1 
電話:045(862)5052  ※予約受付9:00~12:00、13:00~17:00

ご利用にあたってのお願い

■材料のほか、消耗品(ミシン針、糸ノコの刃、ルーターグラインダーのビット、ガスバーナーやコンロのガスボンベなど)、ふきん、雑巾などはお持ち下さい。
■ごみはお持ち帰りいただくことになっていますが、キッチンの生ごみに限り、所定の実費をいただいて生活工房で処理することもできます。
■次のような利用はご遠慮ください。
・話し合いや打合せなど、手仕事以外の利用
・講師が参加者から謝礼を受け取る教室としての利用
・製品の販売・宣伝などの目的での利用
・持ち帰るために料理やお菓子を大量に作ること
・器具を持ち込んでの利用(生活工房にない器具の持ち込みについてはご相談ください)


設備・備品 ミニギャラリー

くらし・自己表現 保育を利用する スタッフ日記
横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]