保育つき講座や図書館スペースも充実。施設貸出、女性の仕事・起業支援、各種講座やイベントの開催、DVなどの問題解決をサポートする相談を行っているフォーラムです。

【実施報告】5/19(土)WANシンポジウム2018@よこはま 女たちの活動が、社会を変えた。~「 待ったなし!」の市民ニーズに応えるNPO



防災


スタッフ日記

「私のしごと・手しごとマルシェ」開催しました。

作成日 03月14日 作成 フォーラム スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現
3月1日(木)に、1階ホールと2階生活工房で、「私のしごと・手しごとマルシェ」を開催しました。

出店者は、魅力的な作品を手掛けるクリエイターや、フォーラムの生活工房の利用者、女性起業家たまご塾の修了生など、バラエティに富んでいます。

1階ホールでは、27ブースが出店。


















手づくりの帽子、アクセサリー、ステンドグラス、粘土人形、多肉植物や苔のインテリアグリーン、
米粉のシフォンケーキなどさまざまな手づくり作品が集合しました。

ホール前エントランスでは、3月8日の「国際女性デー」にちなんで、毛糸でミモザの花の房を作って、
リースタペストリーを完成させるワークショップを開催しました。


事前に、「ニットカフェ」参加者にも、ミモザの花の作成にご協力いただきました。ありがとうございました。

当日にリースが完成するか一抹の不安もありましたが、開催時間中は参加者が絶えず、
マルシェ終了時には、ふさふさとしたやさしいリースが完成しましたCool
ミモザの黄色に、参加者もパワーを貰っているようでした。




















1階ライブラリ奥の活動交流コーナーでは、「手しごとで起業したい!ハンドメイドを趣味から仕事にする方法」のミニセミナーを開催。


「ミモザのリースタペストリー」のワークショップの講師である鈴木ルミ子さんは、「アトリエ ハートインハンド」を主宰されており、
毎月第3木曜日に2階生活工房で開催している「ニットカフェ」の講師も担当していただいています。
当日は、手しごとに関心のある方へ、ニットカフェの1年間の様子を写真で紹介しました。
ニットカフェ紹介

ミモザの花を作ってみたいという方、ニットカフェでアドバイザーの鈴木ルミ子さんがてほどきします。
「ニットカフェ」は、編み物教室ではありませんが、参加者の編みたい作品のてほどきや、アドバイザーの主宰してい「東北支援のための、モチーフ編み」にも参加できます。
ぜひ、のぞいてみてください。
【生活工房ニットカフェ】
会場:2階生活工房 
日時:第3木曜日(8月を除く)10:00~15:00
参加費:700円(コーヒー、紅茶などのドリンク付き)
予約不要、当日出入り自由

2階生活工房では、13のブースが出店。
手織り、糸紡ぎ、手づくりMy箸の体験など盛りだくさんの内容でした。
























キッチンでは「医食同源!からだが喜ぶ 薬膳カレーランチセット」限定30食の販売、焼き菓子の販売などがあり、大いににぎわいました。


手しごとを仕事にしたいという方、手しごとを通して人との交流を楽しみたいという方、これから手しごとを始
めたいという方など、目的はちがっても、それぞれの手しごと作品を通して、交流したり刺激をもらったり、
楽しい一日でした。
横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]