カフェやミニギャラリーがあります。施設貸出、女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているフォーラム南太田です。

【実施報告】5/19(土)WANシンポジウム2018@よこはま 女たちの活動が、社会を変えた。~「 待ったなし!」の市民ニーズに応えるNPO



防災


スタッフ日記

ガールズ講座「五感アートワーク」を行いました

作成日 05月25日 作成 フォーラム南太田 スタッフ日記 カテゴリ しごと・パソコン
13期の「ガールズ編★しごと準備講座」が5月11日から始まっています。
第5回目となった5月22日はアートワークを行い、
聞いて、触れて、ちぎって、貼って…と、ふだん忘れがちな「五感」のすみずみまでたっぷり使いました。

=============================
「ガールズ編★しごと準備講座」
第5回 ちがいを楽しむかんたんアート ~五感ワークショップ
講師:太陽の子芸術教育研究所 松本光世さん
=============================

まずは講師の松本光世さんから「音色」のプレゼント!
ひんやりとした木の手ざわりが心地よいこの楽器は「レインスティック」というのだそうです。
中に小さな何かの粒が入っていて、傾けるとザザーッと波のような音がします。

一人ずつ時間をとって、傾け方で変化する音色に耳をすまして「癒される~」「ホッとする・・」。

次に「置くだけアート」を体験。
50色の折り紙から一人ひとり好きな色を選んで。
「生活の場面で急かされる場面てどうしても多いけれど、今日はどうぞゆっくり選んでくださいね。」


そしてこんな風に机の上に、折り紙を「置くだけ」なんです。

でもでも…それだけでなんだかオシャレに見えてくるから不思議。
「見る角度によっても見え方が違って、何通りにも楽しめるのよ」と松本さん。

みんなで立ったり座ったり、斜めから見たりして「へえ~」「そういう見方、考えたことなかった」


さらにもう一枚、今度は少し小さな折り紙を選んで重ねてみました。

好きな組み合わせはさまざま。
「選ぶだけ、置くだけなのにこんなにアート。一人ひとり選ぶものが違っていて、おもしろいでしょう?」


さて次は、みんなで大作に挑戦。段ボールを使って大きな木を作るのです。
これは思い思いに作った枝を、好きなところに付けている場面。
「ここのあたりがいいかな?」

薄い波型ダンボールを適当に切り、
丸めたり、曲げたり、くしゃくしゃにしたり、
近くの人と話しながら作業する人もいれば、
想像を広げながら黙々と作る人もいて、自由な時間が流れていきます。


幹と枝が完成しました!

高さは約2メートル、本当の木のようです。
さてここから「花を咲かせます✿」


実や花、葉っぱは折り紙を手でちぎって作りました。
折り紙の裏には「私の好きな言葉」を書いて、枝に付けていきます。

全員が枝に付け終わって、みんなの「好きな色と形と言葉」の木が完成。


そしてこのあとが、本日のメインです!
他の人が作った葉や実や花から、自分が好きなものを選び、ひとつもらえます。
自分が作ったものは、他の人が同じように選び、受け取ってくれるのです。
つまりは色と言葉のプレゼント交換 
「ありがとう」を書いた人が多かったようです。

自分の手元に残った折り紙の「枠」には、もうひとつ
こんな役目がありました。
「中身=実や葉っぱ」を木から選んで受け取ってくれた、
その誰かとつながるんです。


並べていくと、つながりの輪が見えておもしろい



終了後の受講者のふりかえりにも、それぞれの思いが書かれていました。

今日はどんなことをやるんだろう、芸術的なセンスが必要?と思って少し不安だったけど、
折り紙を使って、言葉を書いて、好きな言葉のわっかができていくのがおもしろかった。
プレゼントの木は何が書いてあるかワクワクして楽しかった。枠にとらわれないでいいんだと思った。
自分にはないみなさんの発想に驚き、「ひとはそれぞれ違うなあ」と実感。その違いがあるからこそ、色とりどり、形が美しい一つのアートができたのだなと思う。
「色と言葉のプレゼント交換」でガールズのみんながつながった瞬間、一体感を感じて涙が出そうになった。

6月5日まで、あと6回の講座が続きます。



 
横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]