カフェやミニギャラリーがあります。施設貸出、女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているフォーラム南太田です。

【実施報告】5/19(土)WANシンポジウム2018@よこはま 女たちの活動が、社会を変えた。~「 待ったなし!」の市民ニーズに応えるNPO



防災


スタッフ日記

絵本ってすばらしい!「よみきかせ応援講座」レポート

作成日 03月01日 作成 フォーラム南太田 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,子育て,情報ライブラリ

2月27日木曜日、小雨降るなか、南図書館のご協力を得て「よみきかせ応援講座」を開催しました。

Foot in mouth7ヵ月の赤ちゃんとママとパパ、お孫さんに読みきかせをしたい方、ボランティアの方、お腹に赤ちゃんがいる女性などいろいろな方が来てくださいました。



最初は「おはなし会」の実演です。参加者を子どもに見立てて、司書の岡野さんがおはなしを、次に足立さんが絵本の読み聞かせを実演。



「おはなし」は、本がない物語の世界。ことばの響きが心に残り、物語の世界へのワクワク感たっぷり。

「絵本の読み聞かせ」では、次のページがどうなるか、物語がどうなるのかと思わず引き込まれます。読み終えると絵本の裏表紙までしっかり見せてくれ「なるほど」とピリオドを打って終了です。

「プログラム」は、最後に渡すのだそうです。最初に渡すと、ぐちゃぐちゃになるとのことで

 

続いて、よみきかせについての話です。
子どもの世界を大事に。感想を聞きだす必要はなく、そっとしておきましょう。
子どもは絵本の世界に自分を重ね、主人公になりきった体験をします。
家で読み聞かせるなら、子どもへの愛情があれば読み方は気にしなくて大丈夫。
外で読み聞かせをする場合は1回きりなので、「使命感」「季節感」にとらわれ過ぎず、読み手であるあなたが愛情を持って読める本を選んで、何度か練習してこなれた形で実施。

 静かな環境でよんでやる事が、現代社会では特にだいじである。  ・・・などの話がありました。


最後は絵本の紹介です。
実際に絵本を手に取りながら、ストーリーや本の特徴をご紹介。


「旅行用のキャリーケースに入れようとしたら入りきりませんでした」
と、本を心から愛する足立さん。講師2人のプロフェッショナルな世界に触れることのできた90分でした。
担当職員、幸せな時間を過ごしました。

 

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]