カフェやミニギャラリーがあります。施設貸出、女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているフォーラム南太田です。

“ガールズ”職場体験の新規プログラムに4名がイキイキ参加 <向洋電機土木株式会社様×男女共同参画センター横浜南>



防災


スタッフ日記

最初 前のページ 1 2 次のページ 最後

女子美夏展 (有志)2011

作成日 2011年08月25日(木) 作成 フォーラム南太田 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,日記,市民・NPOとの協働

こんにちは、「女子美夏展(有志)2011」の、上田聖美です!


このたび、8月20日(土)~8月30日(火)にかけて、フォーラム南太田で展示をさせていただいています。
この展示は、「art gallery,on the wind」の企画です。
art gallery,on the windは女子美で講師をしていらっしゃる石井 宏枝先生が主宰されているギャラリーです。

フォーラム南太田に展示させていただいているメンバーは全部で11名。
女子美術大学に所属する、2年生、洋画専攻の学生を中心としています。


きらりと光る若いアーティストを世界に紹介する"art gallery,on the wind"がオープンして4年目をむかえます。
未曾有の東日本大震災を受け、「アートに何ができるか」それぞれ生きていくために避けられない重いテーマに真摯に挑戦いたします。   ―art gallery,on the wind―


私たちは展示のテーマである、「震災をうけて、アートに何ができるか」を、11人それぞれの解釈で表現しました。

art gallery,on the windのHP
http://www.onthewind.net/


女子美夏展(有志)2011 フォーラム南太田チームのblog
http://tu820.seesaa.net/

今回は、10作品の中から2作、オーガンジーという薄い布を使ったインスタレーションをご紹介します。



一つは、窓枠に垂れ下がる5枚の布。「境界の影法師」という作品。
これらは、各メンバーにとって大切な人が描かれています。
ある人は父、ある人は妹、そしてある人は自分自身、など、描かれる人物は違いますが、描いた人にとっては身近で、とても大切な関係の人々です。
薄い布に描かれた人々は窓の外の風景に溶け込み、光、外の風景、窓の内側の空間、様々なものを含んでいます。
その曖昧な影となった人々の輪郭を辿って、大切な人を想い、実体化させてください。
震災によって、いつ日常が変化してしまうかわからないという危機感を持った今だからこそ、
身近にいる大切な人との関わり方を改めて考え直したい、そういったメッセージがこめられた作品になっています。

 


もう一つは、11人が思い描く、水の中に広がる世界をコーラジュしたオーガンジー布により、
池の中の豊富な生物が共存する世界を描く「流れ―堆積―」という作品です。
この作品は、夏の眩しい光の降り注ぐ交流スペースを柔らかく包んでいます。
多様な生物が住む愉快な水中の世界と、様々な年齢、性別、目的を持った方々が訪れるフォーラム南太田という空間をリンクさせ、
フォーラム南太田に足を運んでいただいた方々に安らぎを提供するのがこの作品が作られた目的のひとつです。

他にも、合計で10作品展示されておりますので、
是非ご観覧ください!
















展示期間中はスタッフが常駐しておりますので、何かご質問等ありましたらお声かけください!

「うさぎの会」のそば打ちと女研ぎ師

作成日 2011年08月20日(土) 作成 フォーラム南太田 スタッフ日記 カテゴリ 日記

今日からフォーラム南太田にインターンシップに来た安達です。
今日は、生活工房にて「うさぎの会」の方々によるそば打ちを見学させていただきました。
生地をのばす工程では、丸かった生地がどんどん四角い生地にのびていくのが圧巻でした。
また、そばを切る工程では、均等な細さに切っていくのが、包丁が大きくて重そうなのに、そばは細くてすごい技術だと思いました。

完成したそばは茹でずにもう一度こね直して練習するそうです。
完成品があまりにきれいだったのでもったいない!と思ってしまいました。


インターンシップに来ました足立です。
次に神奈川新聞さんのインタビューに同席させていただきました。
今回インタビューを受けていたのは「女研ぎ師」の埋橋さんです。

埋橋さんは料理を作ることでたくさんの若い人達に素材についてや、包丁の切れ具合で料理の美味しさが変わること、全ての物には意味があるのだということを伝えたいとおっしゃっていました。
また、埋橋さんは様々な顔を持ち、”食生活アドバイザー”や”ことだま師”としても活躍されています。
今回私たちも自分たちの名前の意味について教えていただきました。

とても興味深い内容であり、すごく心に残る言葉を頂いたので、機会があればさらに詳しく聞いてみたいなと思いました。

ブログ・コミュニケーションのすすめ

作成日 2011年08月18日(木) 作成 フォーラム南太田 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,心とからだの健康,日記,しごと・パソコン,市民・NPOとの協働

先週、ガールズ編パソコン講座修了生が講師になる PCスキル伝え合い講座を

フォーラム南太田で行いました。
「アドバンスコース」と名づけた講座で、
今回はブログづくり。

ブロガー歴5年のCHOKOさん(3期修了生)が講師を務め、

伝えたいことをテキストにまとめてきてくれました。

書くのが好きな方、これからブログを始めようという方にお役に立つと思い、

エッセンスをご紹介させていただきます。

(実際の立ち上げの手順などは実地で行ったので割愛しています)

 

 girls-pc.JPG


「伝える!」楽しさ、面白さ~ブログコミュニケーションのすすめ

 By CHOKO

 

●私の経験のあるツールをくらべてみると

SNSmixi              

発信する相手を絞れるメリットがあるが、登録している人でないと見られない。

・ツイッター      

文字数が140字に制限される。レイアウトができない。
(こまめに投稿したい人には向いていると思う
)

・ブログ

画面を好みにレイアウトでき、字数に制限もなく写真も使えるので、自分の表現したいことができる。

                                          

ブログコミュニケーション 5つのポイント

1.  誰に見られてもよい状態に

2.  楽しめるもの、参考になるものを目指す

3.  なるべく写真を使う

4.  相手を想像し、語りかけるつもりで書く

5.  コメントには返事を書く

 

まずブログを作ってみましょう♪

・登録の名前とブログアドレス、ブログタイトルを考えよう!

 登録名とアドレスは、後から変更できません。よく考えてつけてください。

 ブログタイトルは、テーマに沿ったものにすると良いですよ。(後で変更可能)

・テンプレート(デザイン)を選んでみましょう。

 日付の位置や、リンクの表示方法など違うので、好みのものを選ぶ。

・コメントや、トラックバックを可能にするか 決めましょう。

 コメントは、承認制にもできます。記事ごとに、コメント不可も選択できます。

   

次に記事を投稿してみましょう♪

・写真は、適度な大きさに加工して使います。
 (現在は適度な大きさに加工してくれる機能がサービスとしてついているサイトが多い)

・写真の加工に便利なフリーツール→ダウンロードして使います。

Jtrim http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/picedit/jtrim.html

・文章は、改行などをうまく使って、「読みやすく」を心がける。

 

●続けていくためのコツ

1.  写真をマメに撮ってファイル名をつけたりフォルダわけして整理しておく

2.  常に情報のアンテナを張っておく

3.  自分でルールを作っておく(書く時間や、曜日など)

4.  アクセス数などで自分なりの目標を定め、コツコツ書く

5.  参考になるブログをチェックする

 

 ブログをやっていて得たメリット

1.  自分のことを多くの人に知ってもらえた。

2.   遠方の友人に便りを出さなくても近況を知らせることが出来る。

3.  ワークショップなどの当選確率が上がった。

4.   会話の糸口や、話題として活用される。

5.   仕事に結びついたり、生活にメリハリができた。

 

検索してもらえるコツ

友人や知人以外の人に、読んでもらうコツは

いかに検索で引っかかる記事を書けるか?だと思います。

タイトルを工夫すると良いようです。

 

私が書きつづける理由

この講師の話を頂いてから、ずっと考えていたのですが

人とのつながり・絆・ネットワークを作るためなのかもしれません。

 「伝えたいこと」は、日々変わります。

最初のテーマから、変わっていってもいいのだと思います。

自由に、そして楽しく続けられるのがブログだと思います。

 

私は、5年続けるうちに、読まれることを意識して書けるようになりました。

自分が責任を持てないものは、書くべきでないと、今は思っています。

 

ブログを通じて、応援してくださる方とのコミュニケーションを

取れるようになりました。 

離れていても、ブログを通じて見守ってもらっています。

 

よかったら、ブログを立ち上げて、ぜひ続けてみてください。

きっと何かが見えてくると思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CHOKOさんのテキストはここまでです。

講座のなかではエピソードを話してくれました。

 

以前10年余りの会社勤めで不況の中、人員整理や大変なことが重なって心身をこわし、

退職してこもりがちになってしまったそうです。
ブログになにも書けなくなって何か月かたった春、
読んでくれていた方の一人が
「毎年桜の写真をあげていたじゃない。今年の横浜の桜はどう
?」と

コメントをくれたそうです。

それでしぶしぶ写真を撮りに家から外に。
それがきっかけになって毎日いろんなものを撮るようになり、

読んでくれている人がいるんだと思うとまた書き始めることができました。

そんな去年の春、役所でガールズ講座のチラシがあと1枚だけ入っていたのを見つけて

フォーラムにやってきてくれたそうです。

 

「ガールズ講座の時はまだ調子がわるかったので通い続けることだけ目標にして、

あまり人ともしゃべれませんでしたけどね。ブログが私にとって、

外に出て人とつながるきっかけになったのは確かです。

トンネルをどうやって抜けるか、人によってちがうでしょうけど、そんなことを語り合えたらいいです」

と話すCHOKOさん。今では話し出すととまりません。

 

講座後、職業訓練コースをへて現在就活中です。朗報が聞ける日も遠くないことでしょう。

(朗報がなかなか聞けないときは、めぐカフェでおしゃべりを楽しんでくださいね)



 なお、次の「ガールズ編パソコン+しごと準備講座」(第6期)は
説明会 9/27(火)14:00-
本講座 10/24-11/16 10:30-15:30 (平日11日間)
いずれも無料。会場はフォーラム(戸塚駅より徒歩5分)。
現在無職で、通学もしていない39歳以下シングルの女性が対象です。 
問合せ:電話045-862-5141(木曜除く。9:00-17:30)
これまでの修了生の声等は
こちらでごらんください
最初 前のページ 1 2 次のページ 最後
横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]