カフェやミニギャラリーがあります。施設貸出、女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているフォーラム南太田です。

【実施報告】5/19(土)WANシンポジウム2018@よこはま 女たちの活動が、社会を変えた。~「 待ったなし!」の市民ニーズに応えるNPO



防災


スタッフ日記

長椅子のリニューアル秘話

作成日 09月01日 作成 フォーラム南太田 スタッフ日記 カテゴリ 日記

前回のフォーラム南太田スタッフ日記
(8/27 「インターンシップ生を迎えました!」)でもお伝えしたように、
11月オープンをめざして準備中のカフェ&ギャラリーの
スペースに置くための長椅子のリニューアル塗装を行いました。


今回は、前回お伝えできなかった、完成した長椅子、
参加メンバー紹介、塗装するに至ったストーリーについて書きたいと思います。


酷暑の中、参加して下さったのは、
ガールズ講座修了生とそのご友人、起業UPルームの起業たまご塾コース修了生、
インターンシップ生、カフェコーディネーター。
そして、センタースタッフの総勢14名(2日間合計)。
汗をかきかき、みんなで力を合わせて、
2日間の作業を経て、お色直しが完了しました

sofa_1日目集合写真.JPG

ビフォー
sofa_塗り替え前全体.JPG

アフター
sofa03.JPG


毎日拭き掃除をしていたにもかかわらず、
あんなにも色あせていた脚部分と黒ずんでいたシートが、
こんなにも、うつくしく・・・
感激です。

 

今回、総指揮を執ってくださったのは、
インテリアコーディネーターの千葉聖美さん。(写真1枚目、左から2番目)
フォーラム(戸塚)の講座、女性起業を応援する「起業UPルームの起業たまご塾コース修了後、
インテリアデザインアトリエ『MUSE DECOR ミューズデコールを立ち上げられた起業家です。

カフェのテーブルとイスのコーディネート(8/9「カフェ準備中!!」)でも、大変お世話になっている方です。

館の赤レンガの落ち着いた壁の雰囲気に合わせて、コーディネーしてくださった、
テーブルセットも、大好評。

長椅子の脚の新しく塗ったこげ茶色とみんなで磨いて蘇ったシートの落ち着いた赤が、
そのテーブルセットにマッチして、さらに、空間を素敵に演出してくれています。


今回、塗装をして蘇った長椅子。実は、かなりのくたびれ具合から、
カフェ&ギャラリーオープン前に、捨ててしまおうか・・・どうしようか・・・と話が出ていたほどでした。
しかし、千葉さんの発案で、リニューアル⇒長椅子リニューアル塗装ワークショップが実現しました。


千葉さん曰く、長椅子は、
・お客様がくつろげて、リラックスできる。
・しっかりしたつくりで、丈夫。
・あるものを再利用するのは、エコ。


この作業で、実感したことは、3つ。
(1)今ある資源を、長く使うって、大事だな~。
大事にするとそれだけ、愛着がわきます。
自分たちで、頑張って塗り替えたものは、大切に使おうという気持ちになります。


(2)達成感は、自信につながる。
みんなで協力して、成し遂げられたことは、自分ひとりでやったものより、達成感が大きいです。
大変さや嬉しさを共有できる人がいることは、自信につながります。


(3)体を動かすと、頭がすっきり。
体を動かすことは、悩みでがちがちに固まった頭をほぐしてくれます。
普段、頭ばかりつかって仕事をしていて、寝付けないよ~という日もありますが、
体を動かしたこの2日間は、すっきり爽快、ぐっすりと眠れました。


長椅子のリニューアルが、作業した人の気持ちまでリニューアルする効果があったことに、びっくり。
素敵な副産物でした。
sofa_2日目集合写真.JPG
(完成後のみんなのすがすがしい笑顔がまぶしい!
 
そんなストーリーが生まれた長椅子が、これからも館の利用者の方々に愛されていきますように。
ぜひ、みなさんくつろぎにいらしてください。

 

 

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]