カフェやミニギャラリーがあります。施設貸出、女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているフォーラム南太田です。

夏休みの宿題にぴったりの本

たまご塾11期前期 ビジネスプラン発表会開催



防災


ガールズ「社会参加体験」をご紹介します

作成日 02月27日 作成 フォーラム南太田 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,心とからだの健康,日記,しごと・パソコン

フォーラム南太田の“ガールズ”社会参加体験(ボランティア)をご紹介します
~地域の人たちの輪の中で、さまざまなボランティアを通して一歩を踏み出す講座修了生たち~

 

「一度も働いたことがない」「外出するのもひさしぶり」

という人も通う「ガールズ編★しごと準備講座」。

11日間の講座でようやく外出に慣れてきたけれど、

講座が終わるとそれもまた途切れてしまいそうで不安、という声が多く聞かれます。

 

通えそうな外出先を探そうにも体調はまだまだ不安定で、

いきなり一人で知らないところに出向いたり、アルバイトを始めたりすることは難しいのが実情です。

 

“ガールズ”社会参加体験(ボランティア)は、そうした人たちのために、2013年にスタートしました。

就労するまでの間を結ぶ小さなステップとして、

仕事とは異なる地域や社会とのつながりを実感できる場、地域の多様な人々と交流できる場です。

参加者は2015年度、のべ221人(20162月現在)にもなり、修了生たちの新たな居場所となりつつあります。

 

いつも笑顔で

「ガールズのみなさんが来てくれて本当に助かっている。ありがたい!」

と言ってくださる受入団体のみなさま、心から感謝いたします。







 

 受入団体のひとつ「ファイバーリサイクルネットワーク」のみなさん


温かな見守りに
支えられて
受入れをお願いしているのは、これまでにフォーラムと協働事業等でつながりがあり、

「私たちの活動にガールズのみなさんが加わってくれたら嬉しい。ぜひ来てほしい」

と言ってくださる方たちです。

 

参加した修了者の声からは、以下のような効果が見えてきました。

 

◎安心して人の中で過ごす体験ができる

「失敗したって大丈夫!」と迎えてくださるおかげで、

人とのコミュニケーションに難しさを感じている人、
学校や職場のような集団の中で過ごすことによいイメージがなかった人も、安心して過ごすことができています。









工作教室で使う、牛乳パックの部品作り

◎人の役に立つ自分を実感できる

体験先では

「今日は来てもらえて助かった、また来てね」という言葉や、

イベントに来た子どもたちから「ありがとう!」の声を受け取ることも多く、

「自分には何もできない」「いつも周りに迷惑ばかりかけてしまう」と自信を無くしていた人が、役割を果たした実感を得られています。

 蒔田公園 工作.jpg

 子どもたちとの工作の様子 

◎多様な人々との交流ができる

体験先では、ガールズ講座修了者たちとは異なる世代の、多様な経験を持つ方たちとの交流があります。

直接話すこと、団体の方たち同士のやりとりや作業の進め方などを間近に見られることは、
参加者が「自分」や「働くこと」に対して、これまでとは違った視点を持つきっかけになっています。

 











振り返りの一部を「利用者の声」として、ガールズサポートサイトにUPしています。

講座では経験できないこと

社会参加体験では、講座修了者も「一人のボランティア」です。

団体の方たちは、同じ目的に向かって「一緒に作業をするなかま」として受け入れてくださっています。

それはフォーラム南太田や他の相談機関、医療機関など、支援スタッフがいる場所では経験できないことであり、

この「フツーのふれ合い」こそが、社会参加体験の持つ大きな力です。


現場で何気なく交わされた会話、苦手と思っていたことが「思いがけずできちゃった!」経験などは
参加者の心に残り、
笑顔を生み、自信となっていく様子を何度も見てきました。

これからも、地域の方たちのご協力をいただきながら
ガールズ講座修了生たちが
「私にもできることがある」
「人とのつながりの中で生きていける」という希望を持てるような場を作っていきたいと思っています。

社会参加体験の詳細が画像で見られます⇒ガールズサポートサイト「社会参加体験」ページ


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


“ガールズ”社会参加体験(ボランティア)事業
     ※“ガールズ”応援 その他のメニューはこちらからガールズサポートサイト

「ガールズ編★しごと準備講座」の修了者を対象に、2013年度よりスタート。
就労体験するにはまだ早い、もう少し人とふれあう機会を増やしたい、という人に地域でのボランティアの場を提供しています。

対象:社会から孤立していた年数が長い、就労経験がない人

就労体験ができるほど体調の整っていない人 など

目的:人の中で安心して過ごす経験、共同作業を行う経験を通して、就労に向け自分を見つめる。
自己肯定感を高める。人とのつながりを増やす。

                

  

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]