パパ・ママと一緒に遊べる親子のひろばがあります。女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているアートフォーラムあざみ野です。

【4/8(土)女性のための起業準備セミナー「ビジネスプラン編」が終了しました!】



防災


スタッフ日記

インターンシップ生、大活躍でした!

作成日 08月31日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ 日記,女性への暴力
8月25日(木)から31日(日)までの6日間、
大学生3人がインターンシップとしてあざみ野に来てくれました。
とりくんだ職業体験プログラムは
「発信するミニギャラリー 大学生がつくるDV資料展」というもの。
交流ラウンジのミニギャラリーを会場に、
ドメスティックバイオレンス(DV)に関する本やポスターを展示します。
若い世代の視点からDVを身近なテーマとして考え、
誰に、どんな本を届けたいか・・・展示の構成や企画をしようという内容でした。

横浜市民ギャラリーあざみ野の学芸員から、
企画展の流れ、展示の仕方などを学んだり、
男女共同参画センターの職員からDVの基礎知識を学びました。
また、外部施設の現場見学も実施。
障がい者がアートを中心としていきいきと働いている
社会福祉法人かれんの工房やギャラリー、
報道の現場ではDVなど重いテーマをどう伝えているのかを伺った神奈川新聞社、
そしてトリエンナーレ開催中の横浜美術館を見学しました。
それぞれで企画、展示に役立つヒントを得ることができました。

「DV」というテーマは、大学生の皆さんには少し重いかなとも思ったのですが、
短期間で理解を深め、自分たちなりに焦点をしぼって展示してくれました。
3人が付けたタイトルは「あなたと愛する人のためのDV資料展」。

ぜひ、ご覧ください!

<展示期間>
2011年9月1日(木)~9月4日(日) 9:00~17:00
<会場>
男女共同参画センター横浜北 交流ラウンジ ミニギャラリー

CIMG4253.JPG
インターンシップ生からのメッセージです。
◆インターンでは、とても楽しい経験をさせていただくことができました。
 皆さんにお気軽に立ち寄っていただければと思います。
◆とても内容の濃い実習期間をおくることができました。
 一人でも多くの方に訪れていただきたいと思います。
◆インターン期間中、毎日充実した時間を過ごすことができました。
 大切な方とご一緒にぜひ見にいらしてください。

CIMG4251.JPG

CIMG4250.JPG

CIMG4252.JPG

モザイクモール港北の夏休み♪

作成日 08月24日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ 子育て,日記

8月14日から月末まで、市営地下鉄センター北駅前の
商業施設モザイクモール港北にて

「2011夏親子ふれあい広場」を開催しています。


センター北駅は、すぐご近所の駅です。
都筑区内で活動する様々な団体さんと一緒に
アートフォーラムあざみ野も
14日から20日まで参加させていただきました。


パネルにて事業紹介やチラシの配架を行い、

「都築区の皆さんも、ぜひあざみ野に来てくださーい」


とアートフォーラムあざみ野の事業を
お知らせしながら、
8月14日(日)と8月18日(木)の2日間は親子で楽しめる
イベントを行ないました。

 

814日(日)は、『親子で防災ゲーム

あざみんと防災さかなつり』を実施。

 

「おうちの中に防災グッズはあるかな?」

みんなで話し合ったり、

 



「転んで血が出ちゃった時に使えるものは何?」

 


地震が起きたとき家の中にあるものを
どう活用できるか、
さかなつりを楽しみながら、
家族で考えました。

 


8
18日(木)は、
NPO法人こども応援ネットワークの皆さんを
指導の先生にむかえ
『ひんやーりスライム作り』
を実施。

大きなたらいを使って

みんなでスライムを作り、あそびました。

プルップルのスライムは

ビチャッと投げるもよし。

ひたすら伸ばすもよし。

遊び方は十人十色です。

 



参加してくれたちびっ子には、イザというときに役立つ

ライト付きのホイッスルをプレゼント。

ちびっ子の元気な笑顔を見ていると
イザというときが来ないことを

願うばかりですが・・・。

 

夏の一コマ。
アートフォーラムあざみ野を飛び出して
地域の皆さんと楽しい夏を過ごさせていただき
スタッフ一同、HAPPYな夏になりました。

職場体験をさせていただきました。

作成日 08月16日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ 日記

こんにちは。
私はこの度、8月9日から16日までの5日間、アートフォーラムあざみ野にて、isb公共未来塾のカリキュラムのひとつである、社会的事業所でのインターンを経験させていただきました、実習生の大関と申します

普段はwebデザイン、グラフィックデザインの仕事を(ボチボチ)しています。

今回、インターン先を選ぶにあたり、こちらのアートフォーラムあざみ野でチラシを作れる人を募集とありましたので、こちらなら自分でもお役に立てるのではないかと応募させていただきました。

また、「男女共同参画センター」とういうことで、男女共同参画とはなんぞや?どんなことを行ってるんだろう?ということでとても興味がありました


まずはじめに、「男女共同参画センター」の成り立ちについてお話を伺いました。その横浜での歴史は関東大震災までさかのぼると聞いて驚きました。関東大震災では横浜も大きな被害を受けたのですが、混乱の中、衣料や食糧の配給や資金を集めるためのバザーなどで、女性のネットワークの力がとても大きな復興への力になったそうなんです。


時代は変わりましたが、今年またも大きな災害が日本を襲いました。

こういう時やはり、地域の力、女性の力が必要なんだと思います。横浜のフォーラム3館は地域の拠点として、とても大切な役割を担ってるんだなと感じました。


ところがずっと横浜に住む私ですが、フォーラムの存在を、建物は知っていましたが、中でどんなことをしているのかをほとんど知らなかったのです

やはり単身や子どものいない世帯ではなかなか地域の情報は入りにくく、地域とのつながりを持つことが少ないのです。

こんなにも役に立つ講座やイベントを多く行っているのに、今まで知らないでいたことは本当にもったいないことだと思いました。


自分は今回、公共未来塾でいろんな社会的事業について学ぶにあたり、自分はそういう活動について本当に知らないでいたことを強く感じるとともに、知らない人にもっと知って欲しい、「知れば」きっと共感し参加する人はもっと増えるに違いない。地域とのつながりが薄い人にどうやったらもっと伝えることができるんだろう?と考えています。


フォーラムでは、女性のためのパソコン教室や、子どもと参加する防災ゲームなどから、DVの相談や、女性だけでなく男性のための料理講座など、参加しやすい幅ひろいイベントをいくつも企画し行っています。私もこれから興味のある講座にどんどん通ってみようと思ってます!

また、少しでも地域との絆を作れるようになるためにも、普段「家には寝に帰るだけ」「隣にどんな人が住んでいるのか知らない」 といった人たちが、こういうイベントに参加することで地域とのつながりを持つことができたら・・・と思います。

自分はこれから、こういうつながりやキッカケを作る仕事がしたいと思っています。自分の仕事であるデザインやwebでなにかできないか?


そんな思いを強くした5日間でした。


最後になりましたが、インターンを受け入れていただき、お忙しい中いろいろ親切に教えて下さったアートフォーラムあざみ野のスタッフの皆さんに心から感謝申しあげます。

ありがとうございました!

今後もいろいろ質問するかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]