パパ・ママと一緒に遊べる親子のひろばがあります。女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているアートフォーラムあざみ野です。

夏休みの宿題にぴったりの本

たまご塾11期前期 ビジネスプラン発表会開催



防災


開催報告 都筑区輝く女性応援プロジェクト「もう迷わない!これが”わたし”の生きる道!」第1回

作成日 05月15日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,しごと・パソコン

511日(木)輝く女性応援プロジェクト「もう迷わない!これが“わたし”の生きる道!」の第1回が、都筑区役所にて開催されました。

 輝く女性応援プロジェクトは、「やりたいこと」を見つけた女性や、自分の特技や好きなことを活かして活動を始めた女性が、先輩たちの経験談やワークショップを通じて、活動を続けていくために必要なことを学ぶ連続セミナーです。男女共同参画センター横浜北では、第
1回目と第3回目のプログラムを都筑区役所と連携して行っています。


 初回のゲストは、株式会社ワーク・イノベーション代表取締役、特定社会保険労務士の菊地加奈子さん。男女共同参画センター横浜北館長・山崎の進行で「あなたのミッション、ビジョン、バリュー 大切なことは何?」というテーマで、やりたいことを続けるヒントを語っていただきました。



 菊地さんは、
2010年、6年間の専業主婦期間を経て、第3子出産と同時に、社会保険労務士の資格を取得したのち、社会保険労務士事務所を開業しました。
子育て中に、子供を預けようと考えたとき、専業主婦で保育園の就労要件にあわず預けられない、預けられないので、就職活動もできないなど、困難に出会ったことが、起業のきっかけになったそうです。女性の起業は人生そのものが事業になる」は、まさに菊地さんの今までの道のりを地でいくことばです。
事務所と保育園を併設し、在宅勤務と通勤の混合就労環境整備を行い「働けない理由ではなく、働ける方法を考える」を実践し、

現在は、5人のお子さんの母親として、保育園の経営と社労士事務所の経営、大学院での勉強も続けていらっしゃいます。


 新しいチャレンジを踏み出そうとする参加者へのメッセージは「自分に優しく、丁寧に向き合うと、自分に本当に必要なことが見えてくる」。一歩踏み出すヒントをいただいたトークイベントでした。


 第
3回目は、つながりづくりのコツを知る「“わたし”らしく活動を始めた女性たち」NPO法人I Loveつづき理事長の岩室晶子さんにお話を伺います。お楽しみに

横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]