パパ・ママと一緒に遊べる親子のひろばがあります。女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているアートフォーラムあざみ野です。

[フォーラムまつり2017]開催しました

【開催報告】よこはま女性のリーダーシップ・プログラム 第3回目



防災


スタッフ日記

最初 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ 最後

【開催報告】よこはま女性のリーダーシップ・プログラム 第3回目

作成日 11月24日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ しごと・パソコン

男女共同参画センター横浜北では、「横浜女性ネットワーク会議」(2018年1月27日土曜日開催)
サテライト講座として、「よこはま女性のリーダーシップ・プログラム」を開催しています。

第3回目は11月15日(水)に受講生のプレゼンテーションを行い、2名のゲスト審査員をお迎えして
アドバイスをいただきました。

No6(WEB).jpg


開催報告⇒よこはま女しごとWEBサイト

ご覧ください

女性FPによるHappyライフ講座 1回目は、今一番気になる!!『150万の壁』

作成日 11月21日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,子育て,日記,市民・NPOとの協働
毎月の住宅ローンに、子供の成長と共に家計を圧迫してくる教育費・・・。
『もうやっていけない!!』~ 将来そんな風にならない為にも、子どもが小さい
うちから、パートでも始めようと考えている方が増えているようです。
11月14日からスタートした〔女性FPによるママのためのHappyライフ講座〕
子育て中のママを対象に、損をしない働き方や、日々の家計について学びながら、
最後に【ワタシの未来予想図】を作ることで、少しでもお金の不安をなくし、
将来にむけて色々準備できることで、生き方を見つめなおすきっかけになる企画。
男女共同参画センター横浜3館では、男女共同参画の課題解決をテーマにした企画を
市民グループから公募選考する公募型男女共同参画事業を毎年実施しているのですが、
Happyライフ講座もその一つ
女性のファイナンシャンルグル―フのMsプランニングさんに
による当事者目線の人生設計講座です。

アートフォーラムフェスティバルでパチリMsプランニングのみなさま。
msプランニング.jpg

1回目のテーマは【150万円の壁】
家計のために“少し働きたいな”。そんな方にぜひ知ってほしい
来年1月から適用される新配偶者控除の仕組みがテーマです。
会場は、子育て世代のママで満員状態でした。
IMG_6191.jpg

~150万の壁~
主婦が働こうとする場合、どうしても考えてしまう壁。
その壁をうっかり越えしてしまうと、働き損になる?…
壁はひとつではなく、何段階もあるので、どこの壁で止めるか、超えるかを
段階ごとに、考えていくことが重要になります。
まず働く妻本人に関わるものとして税金があります。それは「103万の壁」
次に健康保険や年金などを自分で支払う社会保険の壁が、130万の壁」です。
今回のテーマである「150万の壁」は、夫の給与にかかる所得税が控除される
妻の収入の上限の事です。
ただし夫の勤務先によって、家族手当が出る場合は上限がかわってくるので、
無理やり!でも夫の給与明細を確認すべき。結構この金額は大きいんです。
資料には、夫の収入額によって妻がどれだけ働けば家計がプラスになるか、
いくつかシュミレーションがあり、グラフを目でみると家計の損益分岐点を
知ることができます。
 IMG_6185.jpg  IMG_0570.jpg
 主婦目線のFPのお話に、教わりつつ共感。  配偶者の収入によって、分岐点がかわります。

働く主婦がいくつかの壁をどう捉えるかは、配偶者の収入によりケースバイケースなんですね。
ポイントは、もし扶養範囲内で働くなら、社会保険の扶養から外れるかどうか。
但し厚生年金や雇用保険などは自分にかえってくる。将来、福利厚生の恩恵にあずかることもあるでしょう。
世帯収入をあげるためにはできるだけ働くことが理想的とのことですが、
やはり家庭の事情もあり、また働き方は将来の生き方や暮らし方にもかかわる事でもあります。
自分にとってどんな働き方がベストなのかは、まずは夫婦でよく話し合うことが大切なのだと感じました。



次回は11月28日(火)【家計簿をつけてみようです。
今回は実際に自分で家計簿をつける実践的な内容になっています。
家計簿をつけることで、家計のムダが見えてくる?貯蓄のノウハウも聴け見逃せません
 IMG_6193.JPG
 休憩時には飴でほっと一息

気になる方はぜひお問合せください。若干空席あり女性FPによるHappyライフ講座

女性としごと 応援デスクの秋便り ~Bナビゲーターのおたより紹介

作成日 11月13日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,子育て,日記,しごと・パソコン
businesswoman2_idea[1].png

「子どもが3歳になったので、そろそろ働こうと思っています。
パートのような働き方でも、
<女性としごと応援デスク>を利用していいのですか?」





そんなお問い合わせを頂くことがあります。
答えは もちろん YES!
<女性としごと応援デスク>には、年齢やブランクの期間を問わず、
自分にあった働き方でと考えて相談に来られる方がたくさんおられます。
パート勤務希望の方も多数お見えになっています。

これまでのご経験の棚卸しや、やってみたい仕事をお聴きし、相談に来られた方に寄
り添った対応をしています。
どうか気軽においでください。

「働く必要があるけど」
「仕事の探し方はどうするの?」
「履歴書はどう書くの?」
「面接はどうするの?」
ひとりで考え出すとキリがなくなり、気づけば悩んでいるだけで終わってしまった、という方もいらっしゃいました。

悩みや不安について、
「相談すること」で
9割もの方が、不安が解消したか、少なくとも気が楽になるという効果を感じている
というデータがあります。

実際に、<女性としごと 応援デスク>のアンケートでも、
「勇気がわいてきました」というコメントが多いんです。

ある方は、お仕事探しに、
またある方は、「仕事上の悩みを聞いて欲しい」
またある方は、面接の練習に。

そんなみなさんのお役にも立ちたいと思っているのが、
わたしたち<女性としごと 応援デスク>のキャリアコンサルタントです。
お気軽にお立ち寄りください♪
利用された方からは、こんな声が届いています。
「直前の面接に向けて、受け答えの対策や準備した方がよいことを、簡潔にまとめてもらえてすごく助かりました。しっかり準備を整えて、本番に臨めます」
「企業に応募するのも、面接に行くのも久しぶりなので、最近の状況を知ることができて、大変に参考になりました」

「一人で迷ったり、『これはどうかな?』と悩んだり、その時間がもったいなかった。早く相談にくればよかったです」
「採用側の視点や客観的な見方を知る事は大切なんだと痛感しました」

「ネットの情報や参考書より、「わたし」にあわせてアドバイスがもらえるので、とても役にたちますね」

さあ、悩んだり不安に思ったら、<女性としごと 応援デスク>へ!
http://www.women.city.yokohama.jp/wwsupport/
最初 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ 最後
横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]