パパ・ママと一緒に遊べる親子のひろばがあります。女性の仕事、男女の子育てや心とからだの健康づくりなどを応援する講座やイベントを開催しているアートフォーラムあざみ野です。

開催報告 都筑区輝く女性応援プロジェクト「もう迷わない!これが”わたし”の生きる道!」第1回



防災


スタッフ日記

最初 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ 最後

開催報告 都筑区輝く女性応援プロジェクト「もう迷わない!これが”わたし”の生きる道!」第1回

作成日 05月15日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,しごと・パソコン

511日(木)輝く女性応援プロジェクト「もう迷わない!これが“わたし”の生きる道!」の第1回が、都筑区役所にて開催されました。

 輝く女性応援プロジェクトは、「やりたいこと」を見つけた女性や、自分の特技や好きなことを活かして活動を始めた女性が、先輩たちの経験談やワークショップを通じて、活動を続けていくために必要なことを学ぶ連続セミナーです。男女共同参画センター横浜北では、第
1回目と第3回目のプログラムを都筑区役所と連携して行っています。


 初回のゲストは、株式会社ワーク・イノベーション代表取締役、特定社会保険労務士の菊地加奈子さん。男女共同参画センター横浜北館長・山崎の進行で「あなたのミッション、ビジョン、バリュー 大切なことは何?」というテーマで、やりたいことを続けるヒントを語っていただきました。



 菊地さんは、
2010年、6年間の専業主婦期間を経て、第3子出産と同時に、社会保険労務士の資格を取得したのち、社会保険労務士事務所を開業しました。
子育て中に、子供を預けようと考えたとき、専業主婦で保育園の就労要件にあわず預けられない、預けられないので、就職活動もできないなど、困難に出会ったことが、起業のきっかけになったそうです。女性の起業は人生そのものが事業になる」は、まさに菊地さんの今までの道のりを地でいくことばです。
事務所と保育園を併設し、在宅勤務と通勤の混合就労環境整備を行い「働けない理由ではなく、働ける方法を考える」を実践し、

現在は、5人のお子さんの母親として、保育園の経営と社労士事務所の経営、大学院での勉強も続けていらっしゃいます。


 新しいチャレンジを踏み出そうとする参加者へのメッセージは「自分に優しく、丁寧に向き合うと、自分に本当に必要なことが見えてくる」。一歩踏み出すヒントをいただいたトークイベントでした。


 第
3回目は、つながりづくりのコツを知る「“わたし”らしく活動を始めた女性たち」NPO法人I Loveつづき理事長の岩室晶子さんにお話を伺います。お楽しみに

応援デスクの春だより~思い立ったら吉日♪

作成日 04月04日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ

桜が満開の季節を迎えました。
女性としごと 応援デスク@アートフォーラムあざみ野のオープン以来のご利用件数(就活ナビゲーター&キャリア・カウンセリング)は2000件を突破しました。
今日は、ポカポカ陽気にのせて、Sナビゲーターからの春だよりをお届けします。


4月は入園、入学の時期ですね。
「子どもの成長と共に働き方を考えたい」
女性としごと応援デスクにはそんな相談も寄せられます。

再就職の全体的な流れとして
 なぜ仕事をするのかを具体的に考える
 いつから仕事を始めるのか目標を決める
 働きたい業界の採用状況や仕事探しの方法をリサーチする
インターネット、ハローワークで求人情報を検索、
新聞、新聞折り込みチラシ、
ご近所の求人貼り紙、
友人・知人からの紹介、
気になる企業のホームページ採用サイト、
相談機関の利用など様々な方法があります。
実際の情報を知ることで、求人市場の現状や自分の働く条件などが具体的に見えてきます。
 雇用形態・条件、周囲の環境(協力体制)、子どもの利用施設、リスクヘッジなどを考える
働き方は「5W2H」の視点で具体的にしましょう。
たとえば「子どもにお金がかかってくる高校・大学前には キャリアアップ(パート→正社員)」
というように、短期・中期・長期視点で考えて、段階的に計画するのもひとつです。
 準備が整ったら、就職活動へGO!

就職活動はさまざまな悩みを抱えがちです。
独りで悩まず、ぜひ「女性としごと応援デスク」へご相談ください。

また、新たなネットワークを広げることで自分では気が付かなかった視点が見えてくることもありますよ。

そんな方にお薦めなのは、4月に男女共同参画センター横浜北で実施されるセミナー「小中学生ママのための再就職準備講座」です。
思い立ったら吉日!就活に大切なのは行動力です。
ぜひご参加ください。皆様のお申込みをお待ちしております。

お申し込みは、HPまたは電話(045-910-5700)にて受付中です。

 

「女性としごと 応援デスク」のPRビデオができました。 
「何から準備をはじめたらいいの?」
「もう一度自分の可能性に挑戦したい」
ひとりひとりの思いに寄り添う応援デスクのサポートをご紹介しています。

ぜひご覧ください。

「女性としごと 応援デスク」PRビデオはYoutubeでもご覧いただけます

【女性としごと 応援デスク】2017年もよろしくお願いいたします♪

作成日 12月27日 作成 フォーラムあざみ野 スタッフ日記 カテゴリ くらし・自己表現,子育て,日記,しごと・パソコン

本日(12/27)、2016年の女性としごと 応援デスクの最終日でした。
(アートフォーラムあざみ野は、12/28まで開館しています)
1年間でのべ1000人を超える方々が、「女性としごと 応援デスク」をご利用くださいました。
スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

 時間をやりくりしてパートを始めることにした方
 最初のチャレンジから次のステップに進まれた方
 満を持して、しごとを再開された方
 職業訓練を活用して新しいスキルの獲得にチャレンジされる方

 それぞれの道を見つけて前に進んでおられる姿
 悩みながら自分の道を模索しておられる姿に、私たちも勇気づけられています。

新年を迎えて、一年の抱負や目標を立てる方もいらっしゃるのではないでしょう

か。

「女性としごと応援デスク」には「子供の手が離れる4月から働こう。」

早くからそんな目標を立てて昨年からご相談にいらしている方もいます。

 

子育て中の就職活動では、以下のようなお悩みをよく伺います。

・条件が合わない

・家庭と両立が出来るか不安

 

今の自分の気持ち、できること、できないことなど「客観的に」整理することで

もやもやとした不安や戸惑い、自分の現状など見えてくることがあります。

「あっ、この仕事やってみたい」そう思ったときに、チャンスを逃さずすぐに応募できるよう

今から準備しておくことをお勧めします。

 

女性としごとの応援デスクでは

「じっくり準備したい方」、「サクサクと進めたい方」

他にもその方に合ったサポートを行っています。

お気軽にご相談ください。


1月の開室日.jpg

一年の計は元旦にあり。
そのこころは、プランニングがとっても大切、ということ。
月に一度のミニセミナーも、ライフ&マネープランニングでスタートします。
パソコンやスマホからもお申込みいただけます。
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-seminar/search/detail/?id=6610

最初 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ 最後
横浜市男女共同参画推進協会
(公財)横浜市男女共同参画推進協会
このサイトについて
横浜市の男女共同参画センター3館は(公財)横浜市男女共同参画推進協会が
指定管理者として管理・運営しています。
Get Adobe Reader
当サイトにはADOBE READERが必要なコンテンツがあります。お持ちでない場合はダウンロードしてください。 [edit]